昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

わたしの「神回」

2020/08/20

その3)スター・木村拓哉のささやかな反抗? 『GOOD LUCK!!』最終話

 そして、2003年2月にKōki,さんが生まれた当時、まさに放送中だったのが『GOOD LUCK!!』。

 美容師やピアニストなど、木村拓哉が演じた職業は憧れの的となり、実際このときも航空業界への就職を夢見る若者が急増。その後、2000年代に木村が演じた役がF1レーサー、アイスホッケー選手、財閥専務、内閣総理大臣……だったことを考えると、ここで演じた副操縦士・新海は貴重な “就職活動で就ける仕事”、すなわち“普通の人の延長線上にいるカリスマ”だったかもしれない。

『GOOD LUCK!!』

 最終回は、最高視聴率・37.6%を記録。ラストのシーンで新海はこう機内アナウンスをする。

「現在、地上では世界的に少々荒れ模様になっておりますが、そのうち必ず……近いうちにまた晴れ間がさすことを皆様と一緒に願いたいと思います」

 この機内アナウンスのセリフは、一説によると、木村拓哉のアドリブだった……とされている。ときに、イラク戦争開戦直後。そんな世界状況を憂慮して、木村が機転を利かせたのではないか……とまことしやかに囁かれている。

 政治的なメッセージは発さないジャニーズタレントたちの中にあっての、スター・木村拓哉のささやかな反抗であり、世界への優しい愛。実際の意図はなんだったのか、そして、2020年のこの世界に木村拓哉は何を言うのか――答えは、その優しい愛を受け続けてきたであろうおふたりがお父さまに聞いて頂ければ幸いです。

2020年上半期「ドラマ部門」BEST5 結果一覧

1位:「松本潤と小栗旬が仲悪かったって本当?」クマ役が振り返る『ごくせん』撮影秘話
2位:平成生まれで元派遣社員の私が、はじめて『ハケンの品格』を見て“強烈な違和感”を覚えたワケ
3位:キムタクは父になる前からかっこよかった……「Cocomi、Koki,に教えたい」出演ドラマ“3つの神回”
4位:朝ドラ「エール」放送中断前に……一時視聴率20%割れ、自由すぎるストーリーに“賛否両論”の理由
5位:「愛の不時着」北朝鮮出身女子大生が語るリアル 北の女性は本当に“闇市”で服を買わなきゃいけない?

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー