昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

上海出身ジャニオタのリアル「自担は関ジャニ∞の大倉忠義くん、オタ活資金は『その時ある金、全部』」

『海外オタ女子事情』より

2020/08/19

浪費図鑑』で話題のオタク女性4人組「劇団雌猫」が、近著『海外オタ女子事情』で世界の同志のリアルを徹底調査。上海出身、自担は関ジャニ∞の大倉忠義というジャニオタのエピソードを抜粋して紹介する。

チャボさん(24):もともとアニメオタクだったが、ふとしたきっかけでジャニーズ沼に。自担は関ジャニ∞の大倉忠義くん。現在日本在住で、中華系のオタク仲間と楽しくジャニオタライフを送っている。

◆ ◆ ◆

ライブのあとは「鳥貴族」で乾杯

――上海出身のチャボさん。関ジャニ∞がお好きだと聞きました。

 はい、大倉担です!(大倉忠義くんが一番好き、という意味)関ジャニ∞は前から好きなのですが、2018年に日本に住み始めたことで初めてコンサートに行けてうれしかったです。2018年のツアーは北海道、東京、福岡、大阪に行きました!

――いいですね、満喫している! 本拠地・大阪も。

 大阪は絶対一番盛り上がるし、関ジャニ∞のホームだからどうしても行きたかったんです。渋谷すばるくんがグループ脱退してから初めての全国ツアーで、しかも大阪オーラス(最後の公演)を取れたので、行くしかなかったです。

大倉忠義 ©文藝春秋

――ライブ後はやっぱり「鳥貴族」ですか?

 もちろん。トリキ(鳥貴族、※1)で大倉くんのお父さまに感謝しながら打ち上げです。

※1 鳥貴族:大倉くんのお父さんは焼き鳥チェーン「鳥貴族」の創業者で、大倉くん自身も株主。

――ちなみに、大倉くんの特に好きなところは?

 え~~たくさんありますが、一番は顔がいいところですね。顔がかっこいいし、ドラム叩いてる時の顔もすごくかっこいいし……うん、やっぱり顔がいい。

――推しを前にすると語彙力を失うのは世界共通だ。

 ちなみに中国語で私のような人のことを「顔狗」(イェンゴウ)といいます(笑)。

――顔の犬……「きれいな顔が大好き」みたいな意味ですね(笑)。大学を卒業してからすぐに日本で就職したんですか?

 そうです、アニメコンテンツ関連の会社で働いています。上海のマーケット調査など、中国関連の仕事もやりました。オタクの道に入ったのはアニメがきっかけなんですけど、いつか日本に行きたいとずっと思っていましたね。とはいえ、留学するにもお金がかかるのでなかなか……。大学で、日本での就職支援プロジェクトが行われていたので参加し、無事に今の会社に内定をいただきました。

――そもそもアニメオタクだったんですよね。どんな経緯で関ジャニ∞にたどりついたんですか?

 日本のアニメの入り口は中学2年生の時に観た『機動戦士ガンダムSEED』でした。ガンダムにハマって『SEED DESTINY』『00(ダブルオー)』と観ていって。

写真はイメージ ©iStock.com

――ガンダム! テレビ放送ではないですよね?

 ちょっと言いにくいですが……本屋で売っていた海賊版雑誌の付録についていたDVDですね。海賊版雑誌、今はもうないと思うんですけど、当時は街の本屋さんで普通に売っていました。大学に入る前はアイドルに興味はなく、アニメ一筋でいろいろ観ていました。