昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日本人初NFL目指す26歳 武器は『アイシールド21』超え73ヤードキック

オービックシーガルズ・山崎丈路選手に聞く

2020/08/19

帰国後に大きな決断を

 そして帰国後、山崎は大きな決断をする。

「大学は1年留年して社会人チームで練習をしたり、大学の部のコーチをしながらキックのトレーニングを続けていました。就職活動もしたんですが、『自分が本当にやりたいことは何か』ということを考えたとき、やりたいことはキックの探求を続けることだなと。そう考えて、大学を辞めて本気でNFLを目指すことを決めました」

 

 卒業間近の名門大学を辞めて、前人未到の路を行く――。

 その決断は決して安穏としたものでないことは想像に難くない。本人も決断までには大いに悩んだと言う。だが、そんな山崎の背中を周囲も押してくれた。

「友人やチームメイトは意外と止めなかったですね(笑)。『お前はお前のやりたいことを自信持ってやったらいい』と言ってくれて。家族にも相談したんですけど、『一度きりの人生なんだから、やりたいことがあるならそれをやらないともったいないよ』と言ってくれました」

CFLのチームから獲得の打診も

 そうして大学から離れた後は、Xリーグ・エレコム神戸ファイニーズで2シーズン活躍し、今季からは強豪のオービックシーガルズへと移籍した。昨冬には再度、海外でのトライアウトにも参加。カナダのプロリーグ「カナディアンフットボールリーグ(CFL)」のチームのいくつかからは獲得の打診も入っていると言う。

 

「トライアウトを通じて感じたのは、日本人でも実力的にNFLのキッカーとは遜色ない……どころかむしろ勝っているとすら感じます。ただ、大きな壁になってくるのが“実績”という部分。どんなに日本で結果を残していても、NFLのスカウトからすればそれは確かな実績にはならないんです。彼らも自身の決断に保険をかけたいわけですから、アメリカのカレッジの、重圧のかかる場面でどれだけ決めたキッカーかということを重視する。CFLに参加できれば彼らの目にも留まることになるし、実績として見てもらえる。そういう意味で非常に大きな一歩だと思います」

 世界的なコロナ禍の影響で、今期のCFLは残念ながら中止が発表された。だが、来期以降も含めてそのフィールドに山崎が立つことができる可能性は決して低くはない。