昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/20

なんでこんなに美味しいのか!?

 まず大事なのはケチャップかけの儀。

 なにしろプレーンドッグにおいてお客さんが唯一自分の意思でできる行為は、ケチャップをかけるということです。ここは慎重に行いましょう。

丁寧にケチャップをかける。
そして、ついに!(といってもかなりすぐですが)いただきます。

 ん! めっちゃうまい!

美味しい!

 野菜が全く入っていない、カスタムも一切できない、言うなればサブウェイが自分の得意技を全て封印したメニューですが、これがめちゃくちゃ美味しい!

 秘密はパンにありました! 直前に焼き直しているパンがめちゃくちゃ美味しいのです。

 普段野菜や具材の美味しさに気が行ってしまいますが、サブウェイは実はパンがめちゃくちゃ美味しいのです。このパンの美味しさをしっかり味わえるのは、むしろ最もシンプルなプレーンドッグかもしれません。

パンが美味しい!

早起きしてでも試してほしい!

 言うなれば老舗蕎麦屋における、ざるやかけ。讃岐うどんにおける、生醤油うどん。そして誰もが大好き、卵かけご飯と同じようなもの。

 シンプルイズベスト!

 これはむしろ「嫌われる勇気」ではなく「幸せになる勇気」(どちらもダイヤモンド社)だったのです。

 サブウェイファンの皆さん、パンの美味しさをシンプルに味わえるプレーンドッグ、これはホントにおすすめです!

 早起きしてでもぜひ試してみてください。今回も大満足の「じゃない方」のメニューでした。

めでたしめでたし。

 ……。