昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : エンタメ, メディア, テレビ・ラジオ, 社会, 芸能

ビデオ会議を知ってから約2ヶ月で99人リモート参加のクイズ番組を収録!演出が語る制作ストーリー

――ADさんは編集テクニックを学ぶ機会が無くなってしまうのでは?

そうですね。ちょっとかわいそうだなという気もします。おそらく僕たちまでが、箱に張り付いていた最後の世代になるんだと思います。これからのADさんたちは「ディレクターがエディターさんと演出的なやりとりをしていたら、よく見ておこう」といった姿勢や向上心を持たないと、何だか知らない間に番組が完成していた、という事にもなりかねません。

フルリモート編集に完全移行したスタジオを取材

演出・千葉さんが画期的だと感じたフルリモート編集。その内容を確認するため、白金にあるジャパンメディアクリエイトのスタジオにて、代表の吉川豪さんに話を聞いた。

――フルリモートでの編集ですが、どのような仕組みで実現されているのですか?

編集はこちらのパソコンでPremiere Proを使って行います。左のモニターに映っているのが、実際に視聴者が目にする映像ですが、こちらをZOOMで送っています。

吉川 豪(ジャパンメディアクリエイト株式会社 CEO/EDITER)

演出やディレクターと話しながら作業をしますので、同じスタジオ内で作業していた時と比較すると、コミュニケーションの量は増えています。

「99人の壁」のような特番ですと、MAを含めて5日ほどの作業になります。プレビュー(最終チェック)の時は、vimeoで映像を共有して、コミュニケーションツールとしてZOOMを使います。vimeoによるプレビューであれば、これまで編集所に来られなかった人も含めてチェックでき、30人程度の大人数でプレビューを行うようにもなりました。

――ナレーターさんにマイクを郵送していると聞きました

ナレーターに送付したマイク

はい、このようなものですが、音声のクオリティは十分です。こちらをナレーターさんのスマートフォンに接続してもらい、端末に録音された音声ファイルをすぐにクラウドで共有します。ディレクターと編集もリモートでつながっていて、同時に作業を進めていきます。

――コロナショックでリモート化が一気に進みましたが、以前から編集のプロセスに問題意識を持たれていたのですか?