昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【「わたナギ」最終回】“ハイスぺ男子”瀬戸康史はなぜ失恋ばかりの”残念イケメン“なのか

賀来賢人、三浦翔平……ドラマのフラれ役は現実では幸せになれる?

2020/09/01

 多部未華子主演のドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)が、視聴率絶好調のまま9月1日に第9話で最終回を迎える。

 「わたナギ」の主人公は「お母さんになりたい」という夢を母親に否定され、母親に認められたい一心で仕事を頑張ってきたメイ(多部未華子・31)。しかし、「お母さんになりたかったから家政夫になった」という元エリート会社員のおじさん家政夫・ナギサさん(大森南朋・48)に出会ったことで、仕事至上主義になっていた自分に気が付き、本当の自分を取り戻していく物語だ。

「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)

変わってゆく恋愛ドラマの“理想の男”

 第8話のラストでは、メイがナギサさんにプロポーズする展開が描かれた。家事下手で忙しいメイにとって、ナギサさんの家事能力の高さや優しさは大きな魅力だ。ナギサさんのような夫が欲しいと願う現代女性も多いだろう。

 “理想の男”といえば、かつては「ロングバケーション」(フジテレビ系・1996年)で瀬名秀明を演じた木村拓哉(47)や、「愛していると言ってくれ」(TBS系・1995年)で榊晃次を演じた豊川悦司(58)だった。だが、いま見返してみると彼らは家事や育児をしなそうだし、格好良すぎてリラックスした家庭生活を送れなそうだ。結婚しても幸せになれる気がしない。社会の変化によって、恋愛ドラマはいま、大きく形を変えている。

 しかし、その一方で変わらないものもある。それはヒロインを好きになるが結局は他の男に取られてしまう“当て馬”役だ。

「わたナギ」の当て馬といえば、メイが勤める製薬会社のライバル社「アーノルド製薬」のMR・田所優太だ。仕事がデキて、性格も穏やかで、容姿端麗の”ハイスぺ男子”。しかし、だからこそ、初回からすでに当て馬臭を漂わせていた。この田所を好演しているのが瀬戸康史(32)だ。

瀬戸康史