昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「あなたのスマホの写真、本当に存在している?」 アーティスト・オノデラユキの最新作

アート・ジャーナル

2020/09/12

 美術の世界には、「現代アート」と呼ばれるジャンルと作品群がある。

 基本的には、最近つくられたものならば、現代アートだと言える。 

 世の中の「いま」の動向がすぐ反映されるのだから、ファッションやコンビニの陳列商品と同じように、現代アートにははっきりとした流行がある。

 ではこのところ人気なのは? 映像と写真を用いた作品だ。

 これは当然といえば当然。スマホの動画配信サービス、ネット記事、広告なんかを通して、私たちは日々膨大な映像と写真を目にしている。馴染みがあるどころではない。どっぷり浸って、中毒に陥っていると言ってもいいくらい。

 そんな状況がアートにも反映されて、映像作品や写真作品が、山のように積み上がっていくわけだ。

Study for “Image à la sauvette” No.4

 1990年代から継続して作品を発表するアーティスト・オノデラユキも、つねに写真を使って表現をしてきた。

 ただしその作風は、最先端の映像・写真の動きとはまったく無縁である。

 では彼女が何をしているかといえば、

 「写真ってそもそも何なのか」

 「写真はどんなことができるのか」

 といったことの探究だ。

 19世紀に発明されて以来、そして近年とみに、写真というものがこれほど人を惹きつけるのはなぜだろう。かくも魅惑的な写真それ自体の正体が何なのかを、作品を通してずっと考えてきた。

 フランスを拠点に活動しているオノデラがこのたび、東京で新作を発表することとなった。ギャラリーYumiko Chiba Associates viewing room shinjukuでの「TO Where」。

 会場に身を置いているだけで、写真の物質性やイメージの在り処についてあれこれ考えさせられ、ふだんの写真との付き合い方を再考したくなる。

 それってどういうことかといえば、たとえばあなたのスマホのアーカイブにある、カフェでスイーツを撮った写真。それは本当に実在するのか? それを食べた記憶さえ疑わしいのでは? と思わされてしまうのだ。