昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「春田と牧のプロポーズを超える新作を……」『おっさんずラブ』Pが明かす“「-in the sky-」誕生秘話”

『おっさんずラブ』プロデューサー・貴島彩理さんインタビュー #2

 空前の大ヒットで社会現象を巻き起こした『おっさんずラブ』。プロデューサーを務めた貴島彩理さんのふとした疑問から生まれたドラマは、多くの人の心に残る名作となりました。

 そんな貴島さんは、実はバラエティ番組の出身。自身が企画した番組も制作するなど、バラエティ制作でも活躍された経験があります。貴島さんの“ドラマ作り”のルーツを探りながら、様々な反響があった『おっさんずラブ -in the sky-』の制作秘話をお聞きしました。(全2回の2回目/#1より続く)

『おっさんずラブ』プロデューサー・貴島彩理さん

◆◆◆

――『おっさんずラブ-in the sky-』制作秘話をお聞きする前に、貴島さんのルーツをお聞きしたいです。もともとドラマがお好きでドラマ制作を志望されてたんですよね。

貴島 そうですね。学生時代からドラマ好きで、『花より男子』や『のだめカンタービレ』にハマったり、演劇部に入ってみたりして…。

――演劇部?

貴島 その時に“仲間と一緒に1つの物語を作り上げる楽しさ”みたいなものを学ばせて頂いて。大道具建てたり、脚本作ったり、衣装縫ったり、チラシを配ったり。とにかく“物語”に関することが好きだったようで、それで大学も法学部を選んで……。

――物語好きなら文学部を選びそうなものですけど。

貴島 法学部だと裁判事例を学んだりするのですが、事件や争いごとにはドラマが存在するというか。刑事ドラマや弁護士ドラマを見ている感覚になることもあって、どこか物語性を感じたのだと思います。

――なるほど。たしかに言われてみればドラマ性がありますね。ちなみにテレビ局はどこが第一志望だったんですか?

貴島 フジテレビです(笑)。あとは、自分史上最高ドラマが『新選組!』(2004年・NHK)なので、NHKにも憧れていました。三谷幸喜さんの脚本も大好きですし、出演者の皆さんが今でも忘年会をしているというニュースをみて、素敵だなと。その“チーム感”みたいなものにも憧れました。

 

ドラマ志望なのに「バラエティに残りたい」と泣いた日

――そしてドラマ制作志望でテレ朝に入社して……。ただ最初に配属されたのが、バラエティ番組だったと聞きました。

貴島 新人研修では『アメトーーク!』でAD体験をして、最初の配属はタカアンドトシさんがMCをされている『お試しかっ!』でした。

――バラエティ番組の制作現場はとても過酷と聞きますけど、入社早々に配属されてどうでした?