昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《韓国で大論争》BTS“兵役免除”はどうなる? JINは「兵役は当然の義務だ」と明言

公平性、人員不足、若者の反感、1兆7000億ウォンの経済波及効果…

2020/10/17

ファンの関心は「兵役中の応援に移っている」

 いま現在もBTSをめぐる議論は進行中だ。10月13日には、韓国兵務庁の牟鍾和(モ・ジョンファ)庁長が、功績が著しい大衆芸能のアーティストについて、兵役延期が可能な年齢の上限を最大満30歳とすることを検討していると明らかにした。現在の兵役法では、兵役延期できるのは、大学・大学院生、司法修習生、スポーツ分野で功績のある者のみ。大衆芸能のアーティストたちは含まれていなかったのだ。

 大衆文化評論家で東亜放送芸術大学教授のキム・ホンシク氏は、次のように分析する。

「確かに韓国政界でのBTSをめぐる論議は、兵役免除ではなく、あくまで30歳まで入隊を延期する問題が中心となりました。しかし、BTSファンである『ARMY』たちは、兵役免除はもちろん、延期についてもあまり関心がない。彼らの関心はすでに、BTSメンバーが軍隊に行った時、そのメンバーをどのように記憶し、どうやって応援するかに移っている。それがファンたちの世界観であり、アイデンティティです」

コロナ禍のため、オンラインでBTSのライブを楽しむファン(ソウル、10月10日) ©️AFLO

 これまで大学に入学して兵役を延期するアーティストもいたが、現在の韓国芸能界では、軍務を他の若者同様に果たすことがトレンドとなっていて、数多くの韓流スターやアイドルたちが誠実に兵役の義務を果たしている。

 BTSのメンバーも原則に沿って兵役義務を果たし、元気に復帰することで、より多くの若者に希望を与えることができるのではないだろうか。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー