昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小林監督おすすめコンテンツその2.『犬鳴村』の宣伝動画

小林 続いてのオススメがですね、映画「犬鳴村」の宣伝動画、「犬鳴村」~恐怖回避ばーじょん~です

『犬鳴村』恐怖回避ばーじょん告知映像

 

 宣伝動画ですか? 

※「呪怨」の清水崇監督のホラー映画「犬鳴村」 今年2月の公開に合わせて公式ホームページに冒頭8分の予告動画が公開されたが、同時にホラーが苦手な人にも観てもらうために誕生したのが「恐怖回避ばーじょん」だ。

小林 どう回避してるかって言いますと、怖そうなシーンで可愛い感じで加工されたり、ワンちゃんが「わーん」とか言って通り過ぎてったりするんです。

 アハハハハ。

「犬鳴村」~恐怖回避ばーじょん~を見る2人 ©MBS

 全然怖くない!

小林 これが話題になって、映画も1本丸々、恐怖回避バージョンを作りました。

 宣伝が振り切ったんですね。

犬鳴村

小林 今、本当に映画は斜陽で、お客さんが減ってるんです。さらに、ホラーとかバイオレンスっていうジャンルは、さらに少ないんですよ。

 例えば、ヒットしたNetflixの「全裸監督」の宣伝方法は、どこの駅で降りても物を配ってる人がいたり、物量作戦だった。それが成功しちゃうと宣伝部の人も、せっかく工夫しても結局物量かって思ったり(笑)。

 うん。

小林 まあそれが悪いわけじゃないですよ。お金があったらその作戦で行くのは当然ですし。でも、お金がない中で、「怖い映画だけど怖くなくしてみよう!」って試行錯誤した。

 でもいろんなことを試すっていうこと自体僕は好きなんで、「犬鳴村」に逆に興味が出てきましたね。