昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 「めちゃイケ」の辻さんっていう人がたぶん最高峰だと思います。ただカメラ論を相当持ってるんで、なかなか譲らないと思いますけどね。 

小林 ワンカメショーっていうんですね。覚えます! すげー! それは培われるんですか? 伝書の巻物みたいな物が存在するんですか?

 いや、制作会社に入ってカメラ担げば、そういうことが出来るようになっていくって僕は思っちゃってる。だから、それを深掘ってくれる人がいたら、みんなもう嬉しくなって喋ると思いますよ。

小林 えー知りたいですねー! 昔の映画業界の本とか読んでると、映画のことを本編と呼んだりとかして、テレビと自分たちのことを切り離して、ちょっと上段から物を捉えていて。それがまだ映画界に残ってる気がしてるんです。そんなことよりも、面白い物に対して貪欲な人たちと交流をして、なぜあんなことが出来るのかっていうことをちゃんとやり取りをすれば、なんか良い方法が必ずある気がしてて。

©MBS

テレビの人がYouTuberに対してマウントを取ってしゃべってる

 それはこの「コンテンツHolic」で議論するのにとても良い議題だなと思いました。コンテンツの歴史って、ラジオがあって映画があって、でテレビになって、今YouTubeとかネット配信の方に行ってる。テレビの人が一時期YouTuberに対してすごく上からマウントを取ってしゃべってるのが、俺、すごく気持ちが悪かったんですよ。

小林 はいはい。

 確かにテレビの常識から言うとあり得ない編集なのかもしれないけど、YouTuberが、「ジャンプカットを編み出して、より早く面白い所に到達する」っていう圧倒的に面白い技術を生み出してるんだから教わればいいのにって思ってたんですよ。ようやく教わり始めたのがこの「コンテンツHolic」ですから、もう平気でジャンプカットしてってます。

小林 TikTokの人たちもどれだけ画面が荒れようと寄りにしちゃうとか、もうえげつなさがすごいですよね。面白くあろうとすることに紳士的だと思います。

 そうですね。こんな話が監督と出来て俺は嬉しいですよ!

小林 アハハやったー!

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー