昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

まるで『下町ロケット』の世界…住宅メーカーの広報だった私が体験した木製ストロー開発実話

『木のストロー』より #1

2020/11/17

 SDGsへの関心が高まり、多くの企業でプラスチックの削減が目指されている昨今。大手飲食チェーンの一部ではプラスチック製ストローの廃止が進められている。その動きに呼応したのはなんと住宅メーカー「アキュラホーム」だった。開発に立ち上がったのは広報担当の女性社員。

 彼女はいかにして木のストロー開発を成功に導くことができたのか。著書『木のストロー』より、当時の困難を振り返りながら紹介する。

◇◇◇

ストローを朝まで検品した日

 その「事件」が起きたのは、シンポジウムの2週間ほど前の土曜日のことだった。

 実はこのときまで、うまくできなかったら、クレコ・ラボさんから購入しようと思っていた。自社でつくることになったことはお話ししていたが、ストローは購入できると思っていたので、興津社長にもその旨、連絡をしていた。

 ところがその日、興津社長から「お互いでつくると決めたのですから、やはりそれぞれでつくっていきましょう」という内容のご連絡をいただいた。今思えば、当然のことなのだが、そのときは、青天の霹靂だった。

 何が何でも、うちでつくらなければならない。失敗は絶対にできない。でも始めたばかりで、シルバー人材の方たちがどこまでできるか、まったく確認できていなかった。

 私はその日、ちょうどやらなければいけない仕事があって、新宿の本社に出社していた。滝川役員に「クレコからの購入が難しくなった」と連絡をすると、

「今すぐ、物流センターに行くぞ!」

 声が緊迫していた。

「車で迎えにいくから、仕事は別の社員に引き継ぎをして待機しているように」

 そう指示を受け、大急ぎで荷物をまとめると、本当にすぐ滝川役員がやってきた。

 新宿から埼玉の物流センターまでは車を飛ばして1時間以上。出発したのは夕方で、着いたときには、すでに夜6時頃になっていた。物流センターでは、ストローの製造を担当している同期の野村さんが待っていた。

仕上がりへの絶望

 すでにできあがっていたストロー300本を前に、私は絶句した。

©アキュラホーム

 スライス材が浮いていたり、両端がまっすぐ切断できていないから、ノリがはみ出していたり、あるいは逆に少なくて、ふにゃふにゃだったり……。つまり、納品できるような状態のものが、1本もなさそうだった。

 茫然としながら、同時に、やっぱり難しいのかなあと思った。竹田さんや山﨑さんとつくっていたときは、みんな熱意を持って、必死でやっていた。「空気が入らないようしっかり止めよう」「ミリ単位でサイズを合わせてきっちり切ろう」といったことを口にしなくても、そういうものができていた。クレコ・ラボさんも、製品としてきちんとしたものを納めてくださっていた。