昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《茨城一家殺傷》岡庭容疑者(26)は10年前に「連続通り魔」を起こした“猫殺し少年”だった

包丁で中3女子のあごを無言で刺し、小2女児のわき腹を複数回刺し重症に

genre : ニュース, 社会

 茨城県境町の住宅で2019年9月23日未明、小林光則さん(当時48)と妻の美和(同50)さんが何者かに刃物で刺されて殺害され、長男(同13)と次女(同11)が重軽傷を負った一家殺傷事件。茨城県警は5月7日、これまで別件で逮捕されていた埼玉県三郷市に住む無職・岡庭由征容疑者(26)を殺人容疑で逮捕した。

 岡庭容疑者は約10年前の2011年12月、当時未成年の16歳だった時に、凶悪事件の犯人として逮捕された過去があった。

殺害された小林美和さん ©文藝春秋
上下青のチェック柄パジャマを着た岡庭容疑者(2020年11月) ©文藝春秋 撮影・細田忠

逮捕まで約半年。毒ガスや爆弾製造の疑いも

 今回、殺人容疑での逮捕までは約半年の時間がかかり、捜査は慎重に進められていた。

「警察はまず岡庭の身柄の確保を最優先にしたかった。岡庭は毒ガスや爆弾を作っている疑いもあり、埼玉県警が昨年11月に突入。硫黄45キロを貯蔵し、危険物取り扱い基準に反していたとして、三郷市迷惑防止条例違反で逮捕しました。

 その後、身柄を茨城県警に移し、2月15日に警察手帳につける記章を偽造したことから公記号偽造容疑で逮捕。そして今回の逮捕へ繋がりました。昨年11月に逮捕した際のガサ入れは入念に行われました」(社会部記者)

中学時代の岡庭容疑者 ©文藝春秋

 2020年11月19日の早朝4時半ごろ、4台ほどの護送車が岡庭容疑者の自宅周辺に停まった。うち1台には「高圧ガス」と書かれていた。午前5時47分ごろ、夜明け前の暗がりの中、30人以上の捜査員や機動隊、特殊部隊が容疑者宅前に集結し、約10分後に突入。中にはガスマスクを装着した部隊もいた。

ガスマスクをつけた捜査員が容疑者宅へ ©文藝春秋 撮影・細尾直人

 その5分後、上下青のチェック柄パジャマを着た岡庭容疑者が捜査員に付き添われながら自宅から出てきた。そのまま車に乗り込み、埼玉県警吉川署に向かった。