昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「また何か起こすと思った」茨城一家殺傷の岡庭容疑者(26)が「金属製ワイヤー」を隠し持っていた理由

genre : ニュース, 社会

 2019年9月、茨城県境町で小林光則さん(当時48)と妻の美和さん(同50)が刃物で刺され殺害された事件で、5月7日、茨城県警は埼玉県三郷市に住む無職・岡庭由征容疑者(26)を殺人の疑いで逮捕した。岡庭容疑者は昨年11月、硫黄45キログラムを所持していたことから三郷市火災予防条例違反でも逮捕されている。

上下青のチェック柄パジャマを着た岡庭容疑者(2020年11月) ©文藝春秋 撮影・細田忠

 岡庭容疑者は未成年だった約10年前、連続少女通り魔事件の犯人として逮捕され、世間を震撼させた過去があった。

中学校時代の岡庭容疑者 

 岡庭容疑者が連続少女通り魔事件の犯人として逮捕されたのは2011年12月。同年11月、当時通信制高校に通う16歳の岡庭容疑者は三郷市内にて下校中の中学3年生の女子生徒に自転車で背後から近づき、無言で女子生徒のあごを包丁で突き刺した。さらに翌月には隣町の千葉県松戸市内で小学2年生の女児のわき腹を複数回刺す凶行に及んだ。どちらの被害者も重傷を負った。