昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

代々木上原で見つけた“オシャレ鶏白湯スープ” 名店の味を進化させた「つけ蕎麦」の衝撃

2020/11/24

 コロナ禍でそば屋の閉店が相次ぐ中、果敢に新規オープンしている大衆ファスト系そば屋がある。3月30日、東京駅八重洲中央口改札内に株式会社JR東日本フーズの「蕎麦 29 東京」が、そして7月27日、四谷三丁目に日本レストランシステム株式会社の「蕎麦いまゐ」がオープンした。いずれも外食大手の資本である(「蕎麦 29 東京」については、平松洋子さんが「本の雑誌11月号」に詳しく記されている)。

 そして、11月4日、小田急線代々木上原駅の「小田急アコルデ代々木上原」2階に株式会社小田急レストランシステムの「つけ蕎麦 ツヅラオ」がオープンした。

「つけ蕎麦 ツヅラオ」カタカナ店名での新規参入

 株式会社小田急レストランシステムは、人気立ち食いそば店「名代箱根そば」を経営している素敵な会社である。他にも「そば処 つづらお」も経営しているのだが、さらに「つけ蕎麦 ツヅラオ」とカタカナの店名での新規参入となる。どんな店なのかさっそく訪問してみることにした。

 小田急線代々木上原駅は西側が井の頭通りに接し、高架下に駅舎や商業施設「小田急アコルデ代々木上原」が細長く配置された、なかなかユニークな構造である。西側が平坦で低く、東側(新宿側)がやや高くなり坂が多い地形である。駅前ロータリーなどはなく、商店や飲食店ビルが高架線路沿いに並び、商店街が駅の両側に広がっている。昔の駅舎の面影はまったくない。

小田急線代々木上原駅は綺麗な高架の駅である

 改札口は2階にある。改札を出ると正面に階段とエスカレーターがあり、その横をまっすぐ行くと小田急アコルデ2階の商店街が続いている。「つけ蕎麦 ツヅラオ」はその商店街に入ったすぐ左の好立地にある。

「つけ蕎麦  ツヅラオ」は小田急アコルデ 2 階すぐ入った左にある

 ツヅラオのヅの字の部分の暖簾をくぐって店に入る。入口にはエタノールボトルがどんと置いてある。店内はかなり大きく、右側が厨房とカウンター、左側がゆったりとテーブルが配置されている。開店11時すぐの訪問であったが、すでに、お一人様女性客がちらほらと入店していた。

テーブルはアクリル板などで仕切られて、ゆったりしている
右が厨房とカウンター左がテーブル席

「鶏つけ蕎麦」(900円)が一番人気だというが、若いお店の方に聞いてみると、「豚胡麻だれつけ蕎麦」(1,050円)がイチオシというので、さっそく注文してみた。注文後メニューを改めてよくみてみる。女性に人気な「バジルつけ蕎麦」、「トマトつけ蕎麦」、「バターチキンカレーつけ蕎麦」というメニューもある。