昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

そば屋が作る「江戸焼き」って何だ? 「しっとり、アツアツ、とろとろ」食感の正体とは

2020/11/10

 今年の国産そばの生産は昨年並み。そろそろ市中には新そばが出回ってきており、新そばの幟をそば屋でよく目にするようになった。一方、通常は春から夏にかけて順調に消費されるはずだった2019年産の国産の玄そばが、コロナ禍でダブついているという。玄そばの在庫をかかえる製粉会社や製麺所は、その対策に苦心しているという。

 そんな中、亀戸にある「亀戸・養生料理 高の」で、この問題を解決するようなユニークなメニューを開発したという話が飛び込んできた。早速、11月最初の日曜日に訪問することにした。実に2年ぶりである。

亀戸二丁目団地「高の」店主の笑顔

 午前10時半、亀戸駅北口に降り立つ。バス乗り場を通り抜け、北西の方向に数分歩くと亀戸二丁目団地が現れる。「高の」はその一階、中庭の左奥でひっそりと営業している。入店すると、店主の高野定義さんと奥さんのオスギさんがいつもの笑顔で迎えてくれた。

秋晴れの亀戸駅北口から北西方向をみる
このバスロータリーの横をまっすぐ進んで右へ
いつもの亀戸二丁目団
中庭左奥に「高の」はひっそり営業している
いつも以上に熱い店主の高野定義さん
女将さんで奥さんのオスギさんがいつもの笑顔で迎えてくれた
店内はゆったりとしていて、換気もよい