昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

渡部会見「ガキの使いじゃない」芸能リポーターへの正しい対処法とは? 業界関係者が考える“今後のシナリオ”

「会見が遅くなってしまったこと、不適切な場所での不貞行為、深く深くお詫び申し上げたいと思います。本当に申し訳ございませんでした」

 12月3日午後7時、黒いスーツに黒いネクタイ、コロナ感染防止のためのマウスシールドを付け、神妙な面持ちで報道陣の前に姿を現し、深く頭を下げたのはお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(48)だ。不倫騒動から6カ月後に開いた突然の謝罪会見だった。

会見で頭を下げた渡部 ©文藝春秋 撮影・吉田暁史

「ガキ使」収録が済んでいるのかを繰り返し質問

「会見冒頭で渡部は、記事内容については『概ね、報道にあった通り』と認めました。その後集まった報道陣が、不倫の経緯や復帰報道の真偽に関して質問を投げかけましたが、『僕の口からは番組について言うことはできない。今日は、まず謝罪会見』と繰り返すなど、どうにも歯切れが悪く、終始しどろもどろの対応でした。特に不倫相手を多目的トイレに呼んで、事に及び、終わった後に1万円を渡していたことに関する質問についてはとても苦しそうな表情を浮かべ、『ガキ使』の収録が既に済んでいるのかを繰り返し質問された時には、脂汗を流していました」(スポーツ紙記者)

記者の質問に答える渡部 ©文藝春秋 撮影・吉田暁史

 コロナ禍にもかかわらず会場には、300人ほどの報道陣が集まった。100分にも及んだ謝罪会見では報道陣からは終始厳しい質問が飛び交い、「渡部はスポーツ紙が報じていた通り、『フルボッコ』になった」(同前)という。

 今回の会見を「稀に見る“グダグダ謝罪会見”になってしまった」とみる業界関係者は多い。実際に現場でも、集まった報道陣から多くの不満の声があがっていたという。

「人力舎」の人間は会場に専務のみ

「渡部さんの所属事務所『人力舎』の人間で会場に姿を現したのは専務のみ。事務所の仕切りができておらず、会見全体の流れを把握していない会場スタッフが報道陣を案内するなどして、混乱しました。渡部さんの会見が終わった後に専務の囲み取材があったのですが、『うちの会社で初めての事態だったので、手探りな部分もあった』とかなり焦っていた」(前出・スポーツ紙記者)

囲み形式の会見で、かなり「密」な状態に ©文藝春秋 撮影・吉田暁史

 コロナ禍のなか、あえて渡部を報道陣が取り囲む「囲み取材」の形式で行い、かなりの“密”状態になっていたことについても質問があったが、事務所専務は「リポーターの方との距離が近いほうが、彼の言いたいことも伝わると思った」と答えるのみだったという。

「今回の謝罪会見ははっきり言って失敗だったと思います」と厳しく指摘するのは、某大手芸能プロダクション幹部のA氏だ。