昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/12/09

夫が不倫相手と“妊活”

 てんさんのインスタ投稿も強烈だ。夫が不倫相手と“妊活”をしていたのだという。

本人のInstagramより

 20代前半のてんさんには、20代後半の夫と3歳の息子がいる。しかしある日、夫と大阪在住の19歳・うん子(アカウント内での仮名)との不倫が発覚。一度は別れさせたものの、ある日、てんさんにうん子からLINEが届くのだ。

《いつ結婚してもいいよーに ずっと子作りもしてるから》

《〇日に旦那くんをそちらに帰します ちゃんと離婚してくださいね》

本人のInstagramより

 2人が復縁していたことを知ったてんさんは、目の前で夫に義父に電話をかけさせる。義父は平謝りで息子の不祥事を嫁に詫びる、かと思いきや、義父の口から出たのはこんな言葉だった。

《息子が浮気を繰り返さない為にも てんちゃんがもっと女磨きをするべきだと思う!》

本人のInstagramより

 このエピソードには、1週間で300件超のコメントがついた。コメント欄を開くと、《義父もホントくず》《親子揃ってゴミカス》など、夫以上に義父への憤りで溢れている。義実家とのぎくしゃくとした関係を投影しているフォロワーが多いのかもしれない。

 てんさんは2020年9月16日にアカウントを開設し、33投稿時点でフォロワーが11万6000人を突破。「今は1日1000人ペースでフォロワーが増えている」 という。

遠距離恋愛の末に結婚……の裏にとんでもない事実が

 モラハラすぎる夫が登場するのは、カコマツさんの投稿だ。

 カコマツさんは32歳のとき、遠距離恋愛をしていた28歳の男性・エラ河童(アカウント内での仮名・現在は離婚)と婚約。入籍するまでに元夫は仕事を辞めていたが、カコマツさんは入籍。その後、めでたく子供を授かる。

本人のInstagramより

 しかし、ここである事実が発覚する。元夫は入籍後も就活せずゲーム三昧、そして突如、「男友達の家に外泊したい」と言い出す。怪しんだカコマツさんは元夫のスマホを覗き見ると、あるLINEのやりとりを発見する。

 元夫は、カコマツさんとの婚約時から4人の子をもつシングルマザー・バナ子(アカウント内の仮名)と浮気し、バナ子を妊娠・中絶させていた。しかも、中絶は元夫の要求であったにも拘わらず、元夫はその費用を踏み倒して、カコマツさんと入籍していたのだ。