昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

前自衛隊トップが目撃した“バイデン氏の対中戦略”「5年前、ホワイトハウスで言われたのは…」

前統合幕僚長・河野克俊さんインタビュー #2

2020/12/26

 今日からちょうど8年前、第二次安倍内閣が発足しました(12年12月26日)。今年の9月16日に退陣するまで、総理大臣として歴代最長の在職期間を記録した安倍前首相。日本の安全保障体制に多大な影響を与えたその安倍政権とほぼ同時期に、自衛隊トップである統合幕僚長の立場にいたのが河野克俊さん(14年10月〜19年4月在職)です。

 今年、46年間に渡る自身の自衛隊生活を振り返った書籍『統合幕僚長 我がリーダーの心得』(ワック)を出版した河野さんにとって、日本の「保守」とは何か。また、統幕長時代に一度会ったことがあるという、バイデン次期米大統領に対する評価とは――。前自衛隊トップの“思想”に迫るインタビュー。近現代史研究家の辻田真佐憲さんが聞きました。(全2回の2回目/前編から続く

河野克俊さん

 

◆ ◆ ◆

そもそも自衛官とは何をやっている人なのか

――『統合幕僚長』、大変面白く読ませていただきました。ご自身の人生を回顧しながら、同時に自衛隊の歴史も振り返るという作りですが、そもそもこの本を書こうと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

河野 2019年4月1日に退官した後、ワックの社長の鈴木(隆一)さんから「何か書いてくださいよ」と言われたんです。でも、私は日記もつけていないし、メモすらとってきていない。終わったら全て忘れて次の仕事に向かう、というのが私のやり方だったので(笑)。だから無理だと思って、ずっと断わっていたんです。

 でも、記録として残せるんだったら、後輩たちの参考になるし、自分が生きた記録にもなる。そう思い直して、ちょっとトライしてみようかなと。そうして書き出したら、けっこう思い出すんですよ。そういやあいつ、あんなこと言いやがったなとか(笑)。それで頭が回転しだしたんです。

――こうした回顧録の中でも、非常に読みやすい本だと感じました。

『統合幕僚長 我がリーダーの心得』(ワック)

河野 あまり難しい言葉を使わずに書くことは心がけました。そもそも「自衛官って何をやってるんだろう」と思っている人って、多々いるはずなんですよね。飛行機に乗って、船に乗って、戦車に乗ってとか、そんなイメージしかない人も結構いると思うんです。でも、たとえば私は学校(幹部候補生学校)の教官をやっていたり、時刻表片手に時の海幕長のトラベルエージェントとかもやってるわけです。それから湾岸戦争、9・11、北朝鮮の問題などで政治との関わりもある。別にこれが典型というわけではないですけど、一般の人に自衛官の人生ってこういうものなんだ、ということも知ってもらいたかったので。

防大時代に読んだ“人生を変えた本”

――そうした話をわかりやすく、物語的にまとめられたのは、やはりご自身のこれまでの読書体験が影響しているのでしょうか。

河野 自分では意識してないですが、おそらく、それもあると思います。

――かなり読書家でいらっしゃいますよね。河野さんが後輩に本を薦めるとしたら、何を選びますか。