昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/12/30

source : 提携メディア

genre : ライフ

 そのため、そろそろ私もパートを始めようかなと考え中です。『収入面に難あり』これが一般的な専業主婦の現実ではないでしょうか?」

◆大変なのに無給……孤独な“シャドウワーク”

お子さんが生まれたばかりの専業主婦B子さんの本音

「出産を機に、昔からの憧れであった専業主婦に。専業主婦になれば会社もなくなり毎日の生活が少し楽になるのでは……と考えていました。

 しかし、子育てをしながら毎日の家事をこなすというのは想像以上にやることが多く、休む暇が全くありません
しかもいくら働いても会社員のときのように給料はもらえず。こんなに毎日大変なのに、なぜ無給なのかと憤りを感じるときがあります」

◆夫の収入が突然なくなったときのリスク

生活には比較的ゆとりがある専業主婦C子さんの本音

「旦那の収入がある程度あるため、『自分は専業主婦の中でも勝ち組かな?』と感じていました。

 しかし、あるとき専業主婦のママ友から『自分の旦那がリストラにあった……』と聞き、私は突然専業主婦であることに恐怖を覚えました。

 彼女みたいに、『旦那の収入が突然なくなるリスクもある』ということを実感したのです。今では、突然旦那の収入がなくなっても大丈夫なように、専業主婦の傍らコツコツ副業を行っています」

◆毎日同じことの繰り返しで退屈

結婚したばかりで子どもはまだいない専業主婦D子さんの本音

「結婚したら会社は退職して専業主婦になってほしいと旦那や義母に言われていたので、仕事をしたいという気持ちもありましたが泣く泣く結婚を機に会社を退職。結婚したばかりで、まだ子どもはおらず家事もそれほど大変というわけではないため、空いた時間はドラマや映画を見たり昼寝をしたりと、毎日結構気楽に生活を送っていました。

 しかし、そんな時間を過ごすこと数カ月。顔を合わせるといえば旦那や身内くらいで、毎日同じ繰り返しの生活に少し飽きてしまい『退屈だな』と感じるように。どうやら私には専業主婦は合っていないようなので、いずれは働きに出ようかと考えています」