文春オンライン

13位 菅田将暉「昭和の俳優を彷彿とさせる才能」

 13位は菅田将暉(27・前回7位)。俳優デビュー10周年を迎えた2019年は、1月にドラマ「3年A組」(日テレ系)、7月に映画「アルキメデスの大戦」、11月に舞台「カリギュラ」と主演作が続きました。さらに大晦日には歌手として紅白歌合戦に出場するなど、マルチな活躍をみせました。

菅田将暉 ©文藝春秋

「どんな役でも魅力的。菅田将暉だと知っていて見ているのにだんだん忘れさせられる演技をする。音楽活動も特にライブは最高です。歌声も良いしパフォーマンスも良い、ライブなのに映画みたい。ラジオも本当に面白く、リスナーにめちゃくちゃ弄られるのが堪らない。サービス精神にやられました。今後もジャンルなどブチ壊して自由に活動して欲しい」(女・41)

「『仮面ライダーW』(テレ朝系)を見てかっこいいなと思い、大人になったいまもますます活躍しているのがいい」(男・48)

「嫌味のない演技。どこか昭和の俳優を彷彿とさせるマルチな才能」(男・54)

「これほど熱い感じが出せる人は、他にはないのでは? 小さい役柄でもとことん目立つ魅力があり、人に感動を与えてくれると思う」(男・44)

「真摯な心意気を感じる演技。その一瞬一瞬においてベストを尽くしているのがよく感じられる」(女・52)

「演技がうまい。老成してゆくさまを見たい俳優。舞台『カリギュラ』で演じた皇帝役も、ただの暴君ではなく、そうせざるを得ない哀しみが伝わって来ました」(女・61)

12位 大泉洋「番宣すら面白い」

 大泉洋(47)は前回より1つ順位を上げて12位に入りました。バラエティ番組でも活躍するキャラクターの魅力はもちろん、TBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」での好演で改めて注目した人も多かったようです。6月17日から2カ月遅れでスタートした篠原涼子主演の「ハケンの品格」(日テレ系)にも出演しています。

大泉洋 ©文藝春秋

「オールマイティー。真面目もコメディも脇役も主役もできる。番宣すら面白い」(女・41)

「スター男優なのに気取ったところがなく人柄もよい。彼の作品にはハズレがない」(男・68)

「『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)で好きになった男優さん。とにかく面白い」(男・21)

「お笑いイメージがずっと強かったが、『ノーサイド・ゲーム』のGM役がすごくはまっていて、泣いたり笑ったり、とても自然な演技をしていた。改めていい役者さんになったなと感動」(女・42)

「『ノーサイド・ゲーム』の君嶋隼人役の演技でより役の幅も広がったと思う。これからはさらにユーモラスな演技に磨きがかかるのでは」(男・37)

「とても器用な役者さんだと思います。コメディタッチの役でも、シリアスな役でも上手。大泉さんの出ている作品を見ると、なんだかほっこりします」(女・61)

「バラエティ番組で冗談を言っても誰も傷つかず嫌味がない。俳優としても年齢を重ねて貫禄がでてきた」(男・37)