昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ダウンタウン松本に「最悪や!」…M-1決勝進出・ニューヨークが進む“修羅の道”

2020/12/20

「……え? この世界って修羅なんすか、やっぱ?」

 お笑いコンビ、ニューヨークの屋敷裕政はそう問いかけた。旬の芸人でいるためには、ずっと賞レースの決勝に進まなければいけない。そうしなければ、第一線に踏みとどまることができない。そんな芸人の道は「修羅の道」、つまり休むことなく争いが続く世界ではないか――。そんな彼の煽り混じりの主張に、霜降り明星の2人が特に反発もせず「まぁね」と頷いたときのことだ。

 昨年のM-1で1番手だったニューヨークの嶋佐和也(左、ボケ担当)と屋敷裕政(ツッコミ担当) ©山元茂樹/文藝春秋

M-1優勝こそが「修羅の始まり」

 粗品とせいやは口をそろえて言う。『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で優勝しても、そこで戦いが終わるわけではない。M-1優勝までが「修羅の道」なのではなく、むしろM-1優勝こそが「修羅の始まり」だった。そんなM-1王者の冗談と本気がないまぜになったような告白に、もう1人のニューヨーク、嶋佐和也も改めて「修羅だったの?」と問い返すのだった(『爆笑問題のシンパイ賞!!』テレビ朝日系、2020年11月22日)。

 2019年の『M-1』に初出場したニューヨーク。2020年には『キングオブコント』(TBS系)で準優勝に輝いた。

 それまでテレビ出演は深夜のバラエティ番組が中心だった彼らは、今年の後半に入ると、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)や『アッコにおまかせ!』(TBS系)といった昼の情報番組、『ネプリーグ』(フジテレビ系)や『有吉の壁』(日本テレビ系)といったゴールデンタイムの人気バラエティ番組へと活躍の場を広げた。2019年は21本だったテレビ出演本数は、2020年は11月末までで143本に跳ね上がった。

歌ネタ「ラブソング」を披露。サビの終わりに嶋佐が歌う「れいせ~い~」というくだりが耳に残る ©M-1グランプリ事務局

 そして、今年のM-1には2年連続の決勝進出が決まった彼ら。今まさに“旬”の芸人であるといっていいだろう。そんなニューヨークのこれまでをテレビを中心に振り返りながら、数多の若手芸人が入り交じる現在のテレビの中で独特のポジションに立つ彼らの現在地を探ってみたい。

NSCで出会い、2010年にコンビ結成

 山梨県富士吉田市出身の嶋佐。三重県熊野市出身の屋敷。ともに地方の小さな街から大学卒業を経て上京してきた彼らは、吉本興業の芸人養成所、NSCの東京校で出会い、2010年にコンビを組んだ。東京の吉本芸人の登竜門的な劇場であるヨシモト∞ホールでは、実力と人気を兼ね備えたメンバーとして長く活躍してきた。

 そんなニューヨークの屋敷は、相方・嶋佐との共通点をこう語る。