昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

2人分1週間の食費3500円なのに…「豪華すぎる節約料理」を作る方法

『りなてぃの一週間3500円献立』(りなてぃ 著)――ベストセラー解剖

2020/12/26
『りなてぃの一週間3500円献立』(りなてぃ 著)宝島社

 大人2人分の1週間の食費を3500円に抑えつつ、一汁三菜を揃え、見た目も華やかに。技アリの節約レシピで、Instagramやレシピサイトで人気の若手料理研究家の初著作が好調だ。

「主な読者層は40代・50代のベテランの主婦の方です。食費は節約したい、でも食卓が貧しくなるのは避けたい。家族にも満足してほしい。我慢する節約は、気持ちも荒みますからね。そうした需要に『豪華すぎる節約料理』という本書のコンセプトが響いたのだと思います」(担当編集者の瀬尾香織さん)

 情報量の多さが特徴のひとつ。収録レシピの数は216品と特盛りで、さらに買い出しのノウハウや冷蔵庫への収納術など、初心者向けのハウツーも。

「情報を詰め込みつつ、著者のInstagram同様に、明るく、枠いっぱいにぎっしり詰まった感じの写真から生まれるインパクトも大事にしたかったので、見開きのレイアウトにこだわりました。日々の家事の中で、献立を考えることの負担はかなり大きいのですが、この本があれば、真似するだけで5週間分は事足ります。細かい手順も載せているので、料理が苦手な方でも作ることができるはずです。今の読者の方は、『とにかくこの1冊があれば大丈夫』という安心感をレシピ本に求めている印象ですが、それに応えられる1冊になったと思います」(瀬尾さん)

2020年7月発売。初版3万3000部。現在7刷20万部

りなてぃの1週間3500円献立 (TJMOOK)

RINATY

宝島社

2020年7月29日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー