昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020年の言葉

2021/01/01

 だが時は移る。上へ上へ登りつめた安倍総理の風景の限界が、コロナ禍で明らかになった時、菅官房長官は、上へ登る意識はないまま、いや上の風景はなくとも、当座は自らが切り開いた横と下の風景をそのまま広げていけば、総理も勤まると、ごく自然に思いこんだに相違ない。

 コロナという緊急事態に必要なのは、横と下への目配りを強化することに他ならない。ともかく1年間の任期中はそれでつっ走り、長期政権への見通しがつく頃に総理として上に登る風景をモノとしようということであろう。

©文藝春秋

政治家・菅義偉は総理に化けることができるのか

 だがスタート時点でチラリと菅総理の存在感を見せようとしたのが、命令権と人事権の二権の駆使に得意な菅さんが学術会議に切り込んだ事例にある。これだけの騒ぎになると予測していたとこれまた菅総理は明言した。絶対に頭を下げることのない菅さんの強弁ともとれるが、案外本気なのかもしれない。

 だが騒動になってから「説明できないこと」にこだわるのは、いかがなものか。総理に化けるつもりがあるならば、自らの言葉でトツトツとでもよいから政治を語らねばなるまい。肩肘はらず、時には頭を下げながら、自らの言葉をもった時、総理の見る政治の風景は、より俯瞰的になるに違いない。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事