昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「年上男性の“昭和な攻め”は可愛い」フォロワー500万人突破のAV女優・三上悠亜が草食男子を斬る

三上悠亜1万字インタビュー#1

 いま飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を集めているAV女優がいる。2015年6月、国民的アイドルグループの名古屋支部からアダルト業界に異例の転身をした三上悠亜(27)だ。三上は「Princess Peach」(MUTEKI)でAV女優としてデビュー後、一気にブレイク。「DMM.R18アダルトアワード」「スカパー!アダルト放送大賞」「このAV女優がすごい!」などの各賞を総なめにしてきた。さらに三上はAVだけでなく、K-POPアイドルグループ「HONEY POPCORN」でセンターを務めたり、アパレルブランド「miyour’s」をプロデ'ースするなどその活動は多岐にわたっている。男性ばかりでなく、女性からの支持も高く、TwitterやInstagramなどSNSのフォロワーは計500万人を超えた。

 そんな三上が「文春オンライン」特集班の独占インタビューに答えた。AV女優としての心境の変化から、自身の恋愛・結婚、元アイドルとしての追想まで。AV女優としては“センター”を掴んだともいえる三上が語る“現在地”とは――。

(全3回のインタビューのうちの第1回)

©文藝春秋

◆◆◆

世間の見方が変わったのかな

――2015年にデビューしてから5年半が経ちました。この間大きく変化したことはありますか?

「明確に変わったのは、デビュー時から比べて女の子のファンが大幅に増えたことです。私が入った頃は本当に女の子のファンが非常に少ない業界だったので、世間の見方が少しだけでも変わったのかなって思います。

 

 今年に入って、アパレルブランドをリニューアルしたりだとか、女性誌の連載を頂いたりだとか、あとは、女性用のドレスのモデルや下着のモデルをやらせて頂いたりだとか。女性を相手にした仕事も増えました。AVの撮影の仕事は月に2日あるんですが、その2日間以外は服を着た仕事をしています。脱ぐことが本当に減りましたね」