昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

賭博、闇市、豚解体…ナンパアプリと「群馬の末弟」から見えた“ベトナム人アングラ社会”の現実

2021/01/04

 ──そこは、相変わらずの群馬だった。

 場所は群馬県館林市上三林町である。赤城颪が吹きすさぶ師走の畑を歩き、手元の写真に合致する家を探し回る。私たちが捜索していたのは、豚の肉や内臓をSNSを通じて無許可で販売していたことで、12月2日に食品衛生法違反(無許可販売)の疑いで逮捕されたベトナム人男女2人の住居である。豚肉の入手経路は当然ながら不明だが、報道では彼らが窃盗肉を転売している可能性があるとされていた。

 2020年11月中旬以降、在日ベトナム人による家畜窃盗疑惑を追いかけている私たちは、「群馬の兄貴」の異名で知られるレ・ティ・トゥン容疑者(39)ら男女13人が入管法違反などの疑いで逮捕された群馬県太田市新田上中町の貸家、豚を自宅アパート風呂場で解体した容疑(と畜場法違反)で1人が逮捕された埼玉県上里町三町のアパート、さらにベトナム人4人が同容疑で逮捕された太田市由良町の豚解体アパートなどを探し出し、手土産を持って突撃取材を続けてきた。

場所を探り当てたものの住民不在で取材を断念した、もうひとつの「豚解体アパート」。2020年11月22日、群馬県太田市由良町にて。筆者撮影。

 これらのうち、新田上中町の兄貴ハウスと埼玉の豚解体風呂は取材に成功し、由良町のアパートは住人不在のため失敗した。12月20日、上三林町での「豚販売男女」宅の特定と訪問は、4番目のアタックになるはずだった。

「豚売り男女」の自宅を特定

 この日の捜索チームのメンバーは、私と、ベトナム難民2世で通訳を担当する23歳のT、さらに参加を立候補してくれた新メンバーの女子大生L嬢(後述)だ。私たちは地道に情報収集を続け、日没が迫った午後4時になり「豚売り男女」の自宅を特定。場所は地域の土地持ちの老人の離れの貸家だった(老人への取材は断られた)。

「豚販売男女」が暮らしていた貸家。残念ながら不在だった。筆者撮影。

 部屋数は合計4部屋で、問題の部屋は2階。ほかに1階にもベトナム人らしき住民が入居しており、ドアの付近には買い物のレシートや外国人名が書かれたATMの利用明細が落ちていた。では、「豚売り男女」についてはどうかといえば──。

「隣の夫婦は逮捕以来、帰ってないよ。もう出ていった」

 隣戸に入居している日本人男性はそう話した。豚の売買や解体をおこなうベトナム人は逃亡した技能実習生が多く、アジト化した安物件に4~10人ほどで集住しがちだが、今回の男女はなぜか、本当に2人だけで住んでいたらしい。

「Nearby」(近くにいる人を探す)をオンにすると……

 たまには、このように空振りすることもある。だが、私たちは情報収集の過程で驚くべき事実を発見した。

 それは、日本人の女の子がベトナム製のメッセンジャーアプリ『zalo』にログインして「Nearby」(近くにいる人を探す)機能をオンにすると、近所に住んでいる技能実習生や不法滞在者のベトナム人男性の情報を大量に取得できることであった。zaloはLINEやWeChatに似たアプリだが、ベトナムではしばしばナンパツールとして用いられている。