昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「旭日旗に似た炭治郎の耳飾りは…」韓国ファンは劇場版「鬼滅の刃」をどう観たか?《ソウル試写会ルポ》

2021/01/24

 韓国内のコロナ第3波の影響で、昨年12月の公開が延期になっていた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、ついに韓国で一般公開される。

 韓国メディアによると、劇場版「鬼滅の刃」は1月27日、韓国の映画館チェーン「ビッグ3」(CGV、ロッテシネマ、メガボックス)の1つであるメガボックスの全国上映館で1週間独占公開された後、公開後の状況によっては、2週目からはCGVでも上映が始まる可能性があるという。

韓国版のポスター(韓国SMGホールディングス公式Facebookより)

 日本のアニメーション映画は通常、ビッグ3のうち、いずれかで独占公開するのが一般的。もし劇場版「鬼滅の刃」がメガボックスだけでなくCGVでも公開となれば、上映館数は倍以上に増加することになる。

 劇場版「鬼滅の刃」が当初の予想とは違って、上映初期から上映館数を大幅に増すことができれば、コロナ禍で観客の足が途絶えてしまった映画館が、活気を取り戻すきっかけになるかもしれない。

「劇場版『鬼滅の刃』」のプレミアム試写会に集まった観客(筆者撮影)

 このように公開前から韓国映画界の期待を集めている「鬼滅の刃」。本作への韓国ファンの反応を知ることができる機会がやってきた。

 1月22日から3日間、プレミアム試写会を通じて韓国ファンに初披露されたのだ。

 22日、ソウルでの単独試写会を皮切りに、23日、24日は全国の21のメガボックスで、一般人を対象にした有料試写会が行われる。いわば「先行上映」だが、「鬼滅の刃」のキャラクターが描かれたクリアファイルや、声優たちのメッセージ映像という特典がついたおかげか、3日間、全上映館で完売を記録した。

試写会には長蛇の列が

 22日午前11時30分、メガボックス・ソウル三成洞(サムソンドン)COEX館。12時から始まる1回目の試写会の前に、映画館を訪れた。