昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「経験できてラッキーだった」“意識高い系大学生”が風俗店に女性を斡旋する半グレ集団に参加したワケ

『半グレ ―反社会勢力の実像―』より #2

 2019年1月、京都の有名大学生グループ「スパイラル」に所属するメンバーたちが次々に逮捕された。容疑は職業安定法違反。恋愛関係にあると信じ込ませた女性に高額な酒をツケで注文させ、借金を背負わせたうえで、風俗店へと斡旋することで多額の金を得ていたのだ。

卑劣な方法で女性をモノのように扱った彼らは一体なぜそのような犯罪に手を染めてしまったのか。NHKスペシャル取材班による著書『半グレ ―反社会勢力の実像―』を引用し、「スパイラル」の一員だった男が明かすグループの内情を紹介する。(全2回の2回目/前編を読む)

◇◇◇

「お前らもこっちに来い」

 “色恋”の手口について、元メンバーAに一通りインタビューしたあと、半グレのグループに入った理由について聞いた。彼は「組織の環境が魅力的だった」と言い、その経緯を語り出した。

「ある日、『バイトに興味ないか』と、大学で声をかけられ勧誘されました。のちに組織の先輩になる人で、とりあえずバーで開かれる体験会に参加してみました。さながら部活動への勧誘みたいでした。楽しい雰囲気で、優しそうな先輩たちがいろんな話をするんです。プロモーションビデオも流されました。『レベルの高いやつの周りに行かないとレベルは上がらない。お前らもこっちに来い』みたいな」

 説明会では、仕事内容についてパワーポイントを使って紹介され、「人材系の仕事が学べて、通常のアルバイトの何倍も稼げる」「違法性はない」などと言われた。

 グループは大学内などで学生たちを定期的にリクルートしていて、新人たちは、先輩達の手厚いサポートを受けて仕事を始めていく。そして、「契約」が1人でも取れると、上司にあたる幹部たちが豪勢に祝った。

©iStock.com

 メンバーは2人の営業部長を筆頭にした2つのチームに分けられ、売り上げを競い合う仕組みになっていた。毎月の給料日には、みんなで高級な料理を食べたり、キャバクラで豪遊したりした。大金を払う上司たちは、「自分たちのようになれ」と話した。知らなかった世界での経験は、学生たちには刺激的なご褒美となった。

「頑張れる環境が整っていました」と語るメンバー

「キャバクラでは、高級なシャンパンを入れるから、どんどん女の子が席につくんですよ。サラリーマンの客とかちびちび飲んでいる中、ありえない経験をしていましたね。結果を出せば褒めてもらえるし、頑張れる環境が整っていました」

 そして、彼が語る「頑張れる環境」には、「ご褒美」だけでなく、「学び」も含まれていた。

 グループには上下関係の決まりなど、細かなルールが存在していた。上司と飲食店に入るときには、率先してドアを開け、のれんに手を添えるのは当たり前。目上の人への話し方など、「上司への敬い」は徹底されていた。

 また“色恋”の管理ができていなかったり、LINEに返信せず、1日以上放置したりということが続くとクビだった。“結果”の出せない者には罰金が科せられ、ルールが守れないと、上司が厳しい罵声を浴びせることもあった。