昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《東京五輪は本当に実施可能なのか?》100人以上が毎日抗原検査、PCR検査は週に4回…スタンフォード大に見る五輪開催の「リアルな可能性」

2021/02/05

 2021年に延期になった東京五輪・パラリンピックが、あと半年と近づいてきている。

 一方で、その開催には悲観論が多いのも事実だ。1月21日には英タイムズ紙が「すでに1年延期された大会は絶望的だとの認識で一致している」と報じ、直近でも組織委員会・森喜朗会長の女性蔑視の失言が世界的にも批判を浴びている。

 そんな中で海の向こうのアメリカに目を向けると、日本時間2月8日にはNFLの大一番であるスーパーボウルを控える。日本よりもはるかに多い感染者数を出しているアメリカだが、さまざまな試行錯誤を繰り返して各競技ともシーズンを続行してきた。

 では、実際に現地ではどんな対策が取られていたのだろうか? 2007年からスタンフォード大アメリカンフットボール部でコーチを務める河田剛さんに、現場の実情を聞いた。

スタンフォード大アメフト部の河田剛コーチ ©️Tsyuoshi Kawata

◆◆◆

アメリカンフットボール部、2020年春シーズンは中止に

 新型コロナウイルスの感染が広がり始めた2020年の3月、カリフォルニアで外出禁止令が発令されたことを受け、スタンフォード大でもアメリカンフットボール部の春シーズンの中止が決定されました。

 そもそもNCAA規定により、ただでさえ春シーズン中に許される練習は15回しかありません。フィールドでの練習も2時間までと決まっています。それでもシーズンの中止に踏み切り、キャンパス自体もロックダウンの措置がとられ、立ち入りが制限されることになりました。

 7月には大学側から11のスポーツクラブを「カット」――つまり強化クラブから外すというお達しが出ました。簡単に言えば、レスリングなどの五輪競技のような「大学の収益には直接結びつかないけれど、五輪で活躍することでの社会的価値がある」という競技へのサポートが打ち切られたわけです。

 こういったあたりアメリカは非常にシビアで、良くも悪くも動きが早いのです。アメリカンフットボールなどのメジャー競技は大学側にとっても「稼げる」メリットがありますから、有事でもそういった心配がなかったのは部としては助かりました。

©️Tsyuoshi Kawata

9月、所属リーグのシーズンが再開

 9月に入って、ようやくスタンフォード大が所属するリーグであるPac12でもシーズン再開が発表されました。

 ただ、もちろんそこには大きな制約がかかりました。毎日のトレーニングをするにも、キャンパスの許可を取り、市の許可を取り、郡の許可を取り、州の許可を取らなければならなくなりました。具体的に求められたのは、

・毎日、何らかの感染テストを行う

 

・フィールドは練習時のみ立ち入り可

 

・ミーティングはすべてオンラインで

 といったような項目です。