昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「“性的関係あり”でも仕事だと割り切れないなら続かない」 20年間パパ活で稼いだ女性が明かす“恋愛感情”とは

小説家・志駕晃さんインタビュー#2

2021/02/08

 小説『彼女のスマホがつながらない』(小学館)のためにパパ活を取材し、女性の貧困を感じたと話す小説家・志駕晃さん。パパ活に恋愛感情は存在するのか、コロナ禍の混乱を取り入れた小説について聞いた。(全2回の2回目/前編を読む)

◆ ◆ ◆

20年間パパ活をしていた女性 「仕事だと割り切らないと続かない」

――パパ活で恋愛感情は生まれますか?

志駕 女性が恋愛感情を持つことはほとんどありません。男性も家庭を持っている既婚者が多いので、恋愛には発展しにくいのかもしれません。肉体関係がない場合も、父と娘という疑似親子のような状態になっていきます。

 もし、片方が恋愛感情を持つと、パパ活の関係は終わってしまいます。とくに男性が恋愛感情を持つと、「そんなつもりはないのに」と女性が別れを切り出すケースが見受けられます。彼女たちはあくまでも、パパ活を仕事だと思っているんですね。

 パパ活が終わったら、どちらが原因で別れたかにもよると思いますが、基本的には連絡をとらなくなります。

©iStock.com

――独身の利用者もいるんでしょうか。

志駕 いなくはないですよ。でも僕からしたら、お金持ちで独身、でも彼女を作らずにパパ活に精を出すっていうのは、男性側の心の闇を感じます。なぜ出会い系やマッチングアプリなどには手を出さないんでしょう。そこにはつまり、お金を媒介しないと女性と関われない弱さがあるんだと思います。

 男性の利用は30代〜60代ぐらいが中心です。半分恋愛したい男性がやってくるとミスマッチが生じ、トラブルが起こる。だからこそ、40代~60代で既婚者、でも女性好きのお金持ちという方がメリット・デメリットのはっきりした関係になるので、ビジネスとしてのパパ活がうまくいきます。

――パパ活は金銭で割り切る、合理的な不倫という印象も受けますね。

志駕 あんまりやりすぎると、不幸な結果になるでしょうけどね。

 大多数は、援助交際に近い付き合い方です。でも、中には肉体関係がなく、会って食事をするだけでお金がもらえるという女性もいますよ。夢みたいな話ですよね。

 実は、パパ活を20年間やっていたというベテランの女性にも取材したんです。彼女が言うには、「パパ活は、性的な関係になっても“仕事”だと割り切れなかったら続かない」ということでした。女性にとって、あくまでお金のためなんですね。

 彼女は結局、パパ活をしていることを承知していてそれでも愛してくれる男性と出会って、結婚を機に40代で引退されました。それまでは何千万も稼いでいたそうですよ。