昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/25

観客を描くのが大変なときは…

――このシーンがなかなか決まらない、なんてことも?

石塚 はい。原稿を描き終わった後、NUMBER8さんからチェックが入るんですよ。特に表情は直しがよく入るんですけど、「役者が下手だな」とかグサッと言われて(笑)。でも、自分では分からないことを言ってもらえるので助かっています。

 表情と言えば、大勢の観客を描くのが大変なんですけど、めげそうな時はちばてつや先生の相撲マンガ(『のたり松太郎』)を見るんです。国技館のお客さんひとりひとりが違う表情をしていて、見るたび「先生、がんばります!」ってなるんです。

『BLUE GIANT EXPLORER (1)』より ©小学館
『BLUE GIANT EXPLORER (1)』より ©小学館

――『BLUE GIANT』は、紙面から音楽が聞こえてくるとよく言われますが、その辺りはいかがですか?

石塚 よくそう言っていただくのですが、読者の皆さんの想像力が豊かなんだなと思っています。僕は「音になってくれ!」と思いながら描くぐらい。音の表現ってたくさんあるじゃないですか。例えば、オートバイマンガ。爆音で突き抜けていく感じとか、スピード感なんかはすごく参考になっています。

――それで効果線が多いんですね。

石塚 言葉は悪いんですけど、いい表現はパクるようにしていて、その先生に直接「パクった後になんですけど、参考にさせてもらいました!」と言うようにしています。ありがたいことに、いまのところ「このやろう!」と言われたことはないですね(笑)。

 

――大もいろんな音を吸収したいからと世界を巡っていますが、石塚さんも新しい表現を探し続けていらっしゃるんですね。別人格だと仰りつつ、重なる部分もあるんだなと。

石塚 正直、演奏シーンを描くのは辛いんです。その半面、「辛い」「しんどい」と思う内は間違ってないんだろうなとも思っていて。「これでいいや」になってしまったら、そこで止まってしまうじゃないですか。だから、1巻の時からずっとしんどいです。むしろもっとタフになっているような……。そこは大と一緒ですね。

――大が演奏中に放つ熱量もすごいです。発熱しているみたいで。

石塚 実際にジャズを見に行って感動する時って、プレーヤーは「この人、死んじゃうんじゃないの?」と思うようなプレイをするんですよ。

z