昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/13

売れ残ったら当日中に全て廃棄

 さらに、生ケーキは賞味期限が1日だから作り置きはできない。売れ残ったら全部夜には廃棄し、次の日の早朝からまた作る。開店前にケーキができあがったら、今度は次の日の分の準備に入る。

 休みの日もなにかしらの下ごしらえをするし、新商品の試作や勉強なども必要となろう。ようは長時間労働の立ち仕事が毎日続くのだ。

 このような事情から、熱心な女性のシェフパティシエが身体を壊し、店を開けられなくなったという話も耳にする。

©iStock.com

出産後も早朝から厨房に立たなくてはいけない

 どんな業界でも「長時間労働」というのは女性に向かないとされる。医師の世界もそうだ。なぜ女性の外科医が増えないのか。理由は、外科医は術前術後の管理があるため、24時間体制が365日続くからだ。

 患者の容体が急変したら、深夜でも早朝でも遠慮なく病院に呼び出される。このような仕事は例外はあるにせよ、女性には向かない。実際、取材でお世話になった女性外科医が何人も身体を壊し、病院を辞めていった。

 一方、麻酔医は基本的に手術中の麻酔の管理をする仕事で、術前や術後は拘束されないから、体力的な負担が比較的少ない。ゆえに、基幹的な大病院でも、麻酔科は部長から若手まで全員女性医師ということもある。

©iStock.com

 社会における男女の役割分担がなくなり、教育を受けるチャンスも変わらない。しかし、やはり、先天的な体力の差はなくならない。スポーツ競技も男女別であるように、身体のつくりが違うから体力的な差はあっても当然なのではないか。また、出産後、早朝から厨房に立つためには、家族の協力が必要となるが、それが得られない場合も多い。例外もあるが、女性は長時間労働の仕事に向かないと言われる。

 パティシエの場合、出産を機に正社員からパートにシフトする女性も多いという。子育てが一段落してから正社員に復帰することはできても、オーナーシェフとして店を持つには年齢的に遅くなってしまう。

z