昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

缶や瓶にはないその特徴 「ペットボトル入りの生ビール」が発売2カ月で1万本売れた理由

source : 提携メディア

genre : ニュース

缶や瓶より“のどごし”を楽しめる? 「ペットボトル生ビール」が発売2カ月で1万本…人気の秘密を聞いた

 

新型コロナウイルスの影響で外食を控え、自宅で酒を楽しむ「家飲み」をしている人が増えているだろう。
そんな中、一風変わったビールが話題となっている。

それがこちら。

「エルディンガー ヴァイスビア」

なんと、ペットボトルの容器に入ったビールなのだ。

ビールといえば瓶や缶に入っているのが一般的で、ペットボトル入りはあまり目にすることがないのはなぜなのか気になるところだ。
 

「シュティーグル ゴールドブロイ」

この「ペットボトルビール」は、2020年8月に埼玉県上尾市にオープンしたビアレストラン「MAVERICKS BEER STATION」が製造。本場ドイツの「純粋令生ビール」と、ビールをさらに美味しくするフードを提供しているビアレストランが、昨年12月11日から家庭向けにオンラインで販売を開始し、すでに約1万本売れるほどの人気だという。

種類は以下の通りだ。
「エルディンガー ヴァイスビア(白ビール)」
「シュティーグル ゴールドブロイ(ラガービール)」
「シュティーグル コロンブス1492(ペールエール)」
「エルディンガー デュンケル (黒ビール)」

※1本(500ml )の価格は、すべて935円(税込)。

ペットボトルで、ビールの味や香り、鮮度などは損なわれないのだろうか?どんな技術を使っているのか? 販売元の「MAVERICKS BEER STATION」の担当者にお話を伺った。

ビールは酸素に非常に弱い

ーーなぜ“ペットボトルビール”を作ろうと思った?

外食を控え「家飲み」の機会が増えているいま、純粋令生ビールを通じて日本全国の「家飲み」をより華やかで、充実した時間にしたいという思いから、販売を開始しました。


ーーこれまで、ビールにペットボトルの容器があまりなかった理由を教えて

ペットボトルは、瓶や缶よりも酸素を通しやすい性質があります。キャップが密閉されていても、目に見えないミクロのすき間から空気中の酸素がわずかに入ってしまい、酸素に非常に弱いビールとは相性が悪い容器とされていました。