昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 でも1月7日はすごく酷かったんです! 『お互い食事を終えたら合流しよう』と言っていたので、私は終電間際に優里くんの自宅の最寄り駅に行きました。でも一向に連絡が来ない。終電もなくなってどうしようと思っていたら、深夜2時頃に『まだ終わらないから、また連絡する』とだけ連絡があった。部屋にも入れず、駅周辺でずっと時間を潰して待っていました。結局、朝5時頃に優里くんから『今日無理だ』と連絡があり、私は電車に乗って自宅へ帰りました」

「ヒドい人ですよね」最後の約束もドタキャン

 優里の自宅や言動の端々にある違和感に耐え切れず、翌日、A子さんは優里に連絡し、こう切り出した。

「『付き合っている意味ないよね? 他の女の子と遊びたいならいいよ!』と伝えました。『もう無理』と別れを告げたのですが、それでも優里くんは『これでもう会わないとかは嫌だ』と食い下がってきた。だから、優里くんの自宅に置いてある私物を取りに行くという約束で、もう一度会うことになったんです」

優里からA子さんに送られてきたLINEのメッセージ。優里は熱愛報道の直前にLINEアカウントを消去したため、このスクリーンショットは過去に撮っていたものだという(A子さん提供)

 しかし、その約束も優里はドタキャン。以後、A子さんは優里と連絡をとらなくなったという。

「交際中から『電話は自分のタイミングでかけたい』とか『突然連絡するかも』とか言っていて、今思えば怪しいことばかりでした。他の女性と会うタイミングを見計らって調整していたんでしょうね。だから高木さんとの熱愛報道を見て、『やっぱり他にもいたんだ』って妙に納得しました。ヒドい人ですよね」

2月6日、優里(左)と高木(右) 撮影/細田忠 ©文藝春秋

 A子さんはため息まじりにそう語った。しかし、取材を進めると優里の交際相手は、高木とA子さんの“2股”では済まなかった。ほかに「第3の女性」の存在が浮かび上がってきたのだ——。(#2に続く)

 2月27日21時~の「文春オンラインTV」では、本件記事について担当記者が詳しく解説する。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(14枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー