昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「あの子には服や食事で500万円以上遣った」人気歌手・優里が元同居女性C子さんに吐いた“真っ赤なウソ”

優里が裏切った女性たち #3

 大ヒットのシングル「ドライフラワー」など切ない歌詞の楽曲で支持を集める“純愛系アーティスト”優里(26)。2月上旬に報じた「路上動画でバズった人気歌手・優里(26)が「Juice=Juice」メンバーと“半同棲”熱愛《スクープ撮》」では、実力派アイドルとの交際が明らかになったが、そのウラで今回、純情な楽曲のイメージとかけ離れた、不誠実な“3股交際”が明らかになった。(全3回の3回め/#1#2を読む)

2018年9月に撮影されたC子さんと優里(C子さんの友人提供)

優里の熱愛報道に激怒する「お姉ちゃん」

 こうした優里の女性関係に怒っている女性がA子さん、B子さん以外に、もう1人いる。芸能関係の仕事をするC子さん(30代)だ。ファーストサマーウイカ似の赤髪が印象的な女性。このC子さんと親しいという友人が代弁する。

「2月10日、C子から『優里のLINEが突然消えた。どうしたんだろう』と連絡が入りました。その後、C子が優里にショートメールを送ると『迷惑ラインが来て消したよ。ラインはやめることにした』と言われたそうなんです。それまで優里はLINEでも仕事の連絡をとっていたので、C子は『仕事は大丈夫なのかな』と心配していました。

 するとその翌日に高木さんとの熱愛が報道されたんです。C子は『お姉ちゃんと呼んでおきながら相談もないなんてありえない』とかなり怒っていました」

2月10日、優里のLINEアカウントが消えて心配したC子さんと優里とのやりとり

お金に困っていた優里を自分の家に住まわせた

 お姉ちゃんとはいっても、C子さんは優里の実姉でも親戚でもない。C子さんが優里に出会ったのは2017年2月頃。共通の友人の紹介だったという。

「C子はキャスティングなど芸能関係の仕事をしているので、“売れる子”に対して鼻が利くんです。優里のことは一目見て気に入ったようでした。優里は当時バンドを組んで音楽活動をしていたのですが、芽が出ずお金がほとんどなかった。それで優里がC子に『お金に困っているから何か仕事をくれないか』と頼んだんです。ただ、売れないバンドマンに用意できる仕事なんてなかなかありませんから、C子は『すぐに仕事は振れないけど、困っているなら助けるよ』と親身に相談に乗ってあげていました。優里は『都内に家が欲しい』と言っていたのですが、C子は自分の家に優里を住まわせてあげることにしたんです」(同前)

 それがC子さんと優里の“姉弟関係”のはじまりだった。