昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「報道で“2股”をかけられていたことを知った」

「実は私も優里くんと昨年12月から交際していたのです。高木さんとの交際期間と被っていますよね? でもそんなこと全く知らず、今回の報道で“2股”をかけられていたことを知ったんです」

 A子さんと優里との出会いは2020年11月頃だったという。A子さんが優里の曲の一部をインスタグラムのストーリーズに投稿したところ、なんと本人からDMが届いたのだという。A子さんは記者にDMのやりとりを見せながら、こう語り始めた。

「優里くんの曲をインスタにアップしたんです。そうしたら、いきなり本人からDMが送られてきたんです。投稿に優里くんの公式インスタをタグ付けしたから気が付いたんだと思います」

 

 アーティスト本人からメッセージが届いたわけだが、A子さんは「あまり驚きませんでした」と振り返る。

「優里くんとは面識がなかったのですが、共通の知人はいたんです。だから、優里くんは歌のイメージとは違ってチャラいこととか、DMで女の子をナンパすることがあるとかっていう噂は聞いていたんですよ。それでも嬉しくはあったので、返信をして、何度かやりとりをしました。すると優里くんから『LINEを交換しよう』と言ってくれたんです」

12月20日、優里から突然「付き合おう」と告白

 その後、A子さんは優里と頻繁にLINEでのやりとりを重ねた。12月初旬には優里の誘いで焼肉店を訪れたという。

「その焼肉屋さんは優里くんの自宅の近くだったのですが、特に何もなくその日は別れました。またすぐに遊ぼうと約束していたので、数日後に会いました。その日は『家くる?』と誘われ、優里くんの自宅に行きました」

優里からA子さんに送られてきたLINEのメッセージ。優里は熱愛報道の直前にLINEアカウントを消去したため、このスクリーンショットは過去に撮っていたものだという(A子さん提供)

 A子さんはその後もたびたび優里の自宅を訪れている。そして12月20日、優里から告白されたのだという。

「家でいつも通り過ごしていると、突然『付き合おう』と告白されたんです。優里くんのことは嫌いではないけど、チャラい噂も聞いていたので悩みました。でも優里くんから『絶対に俺と付き合った方がいい』と猛プッシュされて、私も嫌ではなかったので付き合うことになりました。優里くんは『仕事忙しいけど、会うから』と言ってくれて、それは嬉しかったですね」

z