昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

交際は順調だったが……

 交際は順調だったという。夜に優里の自宅に泊まり、翌日に近くで食事をして別れるというのが定番のデートコースだった。

「数日前から『◯日に会おう』と誘われることもありましたが、優里くんから『今日何してるのー?』と、いきなり連絡がくることも多かったです。家では一緒にYouTubeや映画を観て過ごしました。YouTubeはたいてい自分の番組や歌動画を流していました。

 優里くんはゲームをしていることも多かったですね。『荒野行動』というゲームをよくプレイしていたのを覚えています。その横で私は携帯をいじっていました。よくあるカップルの過ごし方だったと思います」

優里からA子さんに送られてきたLINEのメッセージ。優里は熱愛報道の直前にLINEアカウントを消去したため、このスクリーンショットは過去に撮っていたものだという(A子さん提供)

 しかし優里の自宅には常に「違和感があった」という。A子さんが特に気になったのは洗面台だ。

「付き合ってすぐの頃だったと思います。優里くんの自宅の洗面台を使おうと思ったら、なぜかマニキュアが置いてあったんです。優里くんは『前に来ていた女の子の物がずっと置いてある』と言っていたので、そこまで気に留めませんでした」

洗濯機に女性用下着、違う歯ブラシ、続くドタキャン…

 しかし、今年1月に入ると違和感はより強くなった。

「1月頭に優里くんの自宅に行ったんです。すると洗濯機に女性用の下着が入っていました。しかも置いておいた私用の歯ブラシがなくなっていて、新しい歯ブラシがあったんです。優里くんに誰のものなのか問いただすと『夜職(水商売)の女性が洗い物だけをしに来てくれた』と言われて……。その後も女性の私物を発見する度に『家事をしてくれるおばさんがいる』と謎の言い訳をされました。納得なんてできませんから、ずっとモヤモヤしていました」

優里の自宅で撮影した写真。YouTube「優里ちゃんねる」で紹介している優里の自宅のクローゼットの造作と一致している(A子さん提供)
YouTube「優里ちゃんねる」で紹介している優里の自宅

 その頃から、優里はA子さんとの約束を反故にすることが増えていったのだという。

「付き合うまではそんなことなかったのに、ドタキャンがすごく増えたんです。遊ぶ約束をしていた日に『今日大丈夫そう?』と聞くと、『夜遅くまで仕事になりそう』と断られることが急激に増えていった。仕事ってそんなに急に入るもの? と疑問に感じましたが、しぶしぶ了承していました。

z