昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

飲み会で優里から連絡先を聞かれたB子さん

「2021年に入ってから会う頻度が急に減ったんです。それでも2月初旬には連絡を取っていたのですが、気が付いたら優里くんのLINEアカウントが消えていて。どうしたんだろうって不安に思っていたら、その翌日に高木さんとの熱愛が報じられたんです。それから今に至るまで、優里くんから連絡はありません。別れ話をすることもなく、一方的に終わってしまいました……」

 B子さんが優里と出会ったのは2020年11月頃。飲み会で初めて顔を合わせたのだという。

「第一印象はヤンチャそうな人だなと思いましたが、お酒も飲まないし、話してみるととても優しかったのでギャップを感じました。その場でLINEを交換すると、後日『可愛かった』『ご飯に行こう』と誘われたんです。

 初めて2人で食事をしたのは11月後半です。指定されたのは優里くんの自宅近くにある焼肉屋さんで、優里くんは『よく来るんだ』と話していました。その場では『普段何しているの?』とか『俺は普段はYouTube撮影をしてて、家にいつもメンバーがいるんだよ。他にもスタジオ入ったり忙しい』とか、当たり障りのない会話をしました。お会計は全部出してくれて、この日はすぐに解散しました」

2月6日、自宅マンションから出てきた優里 撮影/細尾直人 ©文藝春秋

優里が「付き合ってみるのはどう?」と告白

 次にB子さんが優里に会ったのは12月初旬。食事後に優里から「うち来る?」と誘われ、自宅を訪れたという。

「食事をしたあと、そのまま自宅へ遊びに行きました。広い1LDKで、綺麗に片付いていました。2人でソファに座ってYouTubeで優里くんが映っている動画を観ましたが、付き合っているわけじゃないし、それ以上のことはしませんでした。その後も何度か優里くんの家で遊びました。

バズった2019年10月9日の優里の路上ライブ動画(ひさよもといYouTubeより)

 12月半ばのことです。その日も優里くんの自宅で会っていたのですが、彼の様子がいつもと違っていて、『B子のこと考えている時間が長くなった』『告白したら付き合ってくれる?』とかジャブをいれてきたんです。

 それでついに『やりたいとかそういうんじゃないんだけど、付き合ってみるのはどう?』といった感じで告白されました。私はすでに優里くんを好きになっていたので嬉しかったです。次に会ったとき、初めて肉体関係を持ちました」

z