昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ほぼ同時期にスタートした、A子さん・B子さんとの交際

 優里がA子さんに「付き合おう」と告白したのは前稿の通り、12月20日。つまり、優里はほぼ同時期に2人の女性と“交際”をスタートさせているのだ。優里はA子さんと同じように、B子さんとの逢瀬を重ねた。

「約束をして優里くんの自宅に泊まりに行くこともありましたが、『今日なにしてるの』『今日来る?』と突然誘われることも多かったです。優里くんは意外と可愛いところもあって『来てほしいよ』と甘えるように誘ってくることもありました。家ではYouTubeや映画を観て過ごしました。一度だけ、ギターで『ドライフラワー』や新曲を弾き語りしてくれたことがありました」

人気曲「ドライフラワー」のジャケット

 しかし年明けから急に優里と会う頻度が減ったのだという。その経緯や時期はA子さんと優里が疎遠になる過程と一致する。

年明けにドタキャンが増えて

「年明けに会っているのですが、その後ドタキャンが急に増えました。会う約束をしていても連絡がこないことが増えたので、当日に『今日どうかな?』と聞くようになりました。でも『今日だめだ』と断られることばかりで……。

 優里くんから『今日空いてる?』と連絡がきたこともあったのですが、『空いている』と返すと『また連絡する』と言われたきり、連絡がなかったこともありました。2月に入ってからも同じような状況が続いて、私からもあまり連絡しなくなりました」

 優里と高木の熱愛が報じられたのは、そんな矢先だったという。

 高木の活動スケジュールを調べてみると、2020年11月~2021年1月にかけて、「Hello! Project 2020 ~The Ballad~」の地方公演にたびたび出演している。特に12月は「Hello! Project 2020 ~The Ballad~」のほかにもJuice=Juiceの元メンバー・宮本佳林の卒業コンサートやテレビ、ラジオの出演など、多忙を極めている。

 2021年1月も岩手や大阪、熊本などに遠征しているが、年末の忙しさに比べると幾分スケジュールには余裕がでてきていたようだ。

 優里がA子さん、B子さんと頻繁に会っていたのは12月。高木が仕事に打ち込んでいる間に、他の女性と逢瀬を重ねていたことになる。