昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「中止は経済損失が大きい」

<A.予定通り2021年7月から開催すべき> 9.4%

「一年間断腸の思いで延長したのです。日本の選手はもちろんのこと外国の選手の方もそれに合わせて頑張っておりますし、主催者側としても歯食いしばって費用が嵩むのを必死に耐えて頑張っておられます。また出場選手の方も体力的にも限界。また1年延長となれば代表者を再選しなければならないと思う。絶対に断行すべきです」(男性・92歳)

「無観客なら出来ると思う。中止は経済損失が大きいのと、何も楽しみがないので、せめてオリンピック観戦を楽しみたい」(女性・48歳)

「ワクチン普及が期待できるし、場合によっては無観客でもスポーツの祭典は開催されるべきだと思う。選手達の選手生命やタイミングもあり2年の延長は酷だと思う」(女性・45歳)

「成功するにせよ失敗するにせよコロナ禍での大イベントで何ができるか世界各国が勉強や参考になる機会を与えられる」(男性・45歳)

「悩みますが、ウイズコロナの日常は延期したところで当分続くでしょうから無理してでも開催しないとオリンピック経費が回収できない!」(男性・44歳)

「多少の混乱があるとしても強行実施してコロナに打ち勝った証にしてほしい」(男性・71歳)

「五輪だけの問題ではないと思います。五輪が中止になることにより、他のスポーツイベントなども右に倣えで軒並み中止になり、経済に大打撃を与えます。無観客や、可能なら国同士の行き来を無くしたオンラインなど様々な方法を取ってでも開催すべきと思います。」(男性・47歳)

「完全中止なら7兆円の損害。無観客試合なら4兆円。観客数半数なら1兆円の損害だと何かの試算で見ました。未来への負の遺産は、少しでも軽減すべきだと思う」(女性・50歳)

©️iStock.com

「夏は冬に比べウイルスの活性が弱く無観客で選手だけの大会を行えると思うので」(男性・38歳)

「選手の為を思うと、是非開催してもらいたい。自分もチケットを確保しているし。おそらくオリンピックを直に見られるラストチャンスと思うので」(男性・58歳)

「選手のことを考えると年齢的なもので完璧なパフォーマンスをできない人も出るかもなので。なによりオリンピックで野球を見たい。延期はまだいいけど、中止だけはやめてほしい」(女性・37歳)

「北京冬季五輪より後に開催はできない。開催しないと日本のメンツが立たない」(男性・59歳)

「アスリートとしていかなる環境で有ろうとも、精神的、肉体的に最善を尽くして戦うことが出来る事を示してほしい」(男性・79歳)

「オリンピック競技は、国が一つにまとまり、また世界が一つにまとまる4年に一回の意義のあるイベントだ。確固たる方針の下で着々と進めることが肝要。目標設定なしで、様子見などはあり得ない。勿論例外もあり得るが、それを今から出してはダメだ」(男性・75歳)