昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「本当にわからない」

<D.わからない> 3.0%

「日本だけでなく世界各国の選手がどれくらい開催を望んでおり、開催された場合に参加をするのかわからないので」(男性・54歳)

「ワクチンに期待してるが、世界の祭典で日本だけの話で終わらないので、難しい気もします。

 結論は急がないといけないが、コロナ禍でも毎日努力し続けてるアスリート、暗い話題で疲弊している世界中の人々に熱い闘い・勇姿でもって、勇気や元気を届ける、そういう意味でも簡単に『xxxすべき』と割り切って決められる課題でもないと思う」(女性・35歳)

「全体的に落ち着くのが7月なのか早すぎる気もするけど、政府に対する不信感が強すぎて連日のニュースでもそれしかないから余計に気持ち的にマイナスにしかならない。だから一体感というかパワーがもらえるイベント開催って大事だと思う」(女性・31歳)

「選手の方の気持ちが大事だと思うので、見る側の私からしたら開催されるならいつでもいいと思います」(女性・46歳)

「本当にわからない」(女性・53歳)

「多少の混乱を許容しつつ開催するのも手だし、無難に中止しても、延期しても、かまわないと思っています。あまりに関係していることが多すぎて、いち個人として『すべき』なんて思いません。バーチャルな世界と仮定して、無責任に判断できるなら、私は『延期』を判断しますが」(男性・48歳)

「選手のモチベーション等を考えると予定通り開催するのがベストだが、現状を考えると、7月一斉開催は無理があると思う。参加人数や感染リスクは競技毎にかなり差があるので、1年位かけてリスクの少ない競技から順次開催するのが良いと思う」(女性・56歳)

「再延期は無いと宣言しているし、今後の夏季・冬季にも影響が出てしまいそうだが、スポンサー・放映権もあり、可能であれば延期が良いがコロナ等を考えると中止もありうるのかと思う」(男性・55歳)

©️時事通信社

「開催するにはまず開催国である日本での感染を抑えることが最低条件となるが、現状を見る限りその条件が満たされていない。開催の可否を決めるまであと少し期間があると思うが、今後の感染率の動向を左右するのは日本政府のやり方次第だろうと思う」(男性・63歳)

「 開催の実権はIOCにある。いくら日本が強行しようとしても、IOCがノーと言えばノー。IOCは世界世論で判断するだろうから、現状況では判らない」(男性・72歳)

「開催した場合、新型コロナの感染拡大は避けられないでしょう。しかし、中止にした場合の選手達の無念さを理解できます。また、延期したからといって新型コロナが収束する保証は何もありません」(男性・48歳)

「やるも地獄、やめるも地獄な感じがするので」(女性・42歳)

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー