昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

40人の若い衆に「お前たち、 大人数で騒いで恥ずかしくないのか!」警察幹部も感心した組長の妻“姐さん”の胆力

ヤクザとしきたり#6

2021/03/21

genre : ニュース, 社会

 暴力団組織のトップは組長や親分、ときにはオヤジと呼ばれるが、組長の妻は業界で「姐さん」と呼ばれる。かつて、姐さんをモデルにした大ヒット映画『極道の妻たち』でフィクションとはいえ、その一端が描かれたことがある。

 では、実在の「姐さん」とはどんな存在なのか。長年にわたり暴力団犯罪の捜査にあたってきた警察関係者や、暴力団幹部らが明かした。

「お前たち!」と子分を叱りつける姐さん

 警察当局の捜査幹部OBが印象深かった出来事を語る。

「かつて、指定暴力団の幹部で、自らも大きな組織を率いていた組長を逮捕することになった。逮捕状を持って、ごく少人数の捜査員で組事務所に入り、応対した者に『親分の逮捕状が出ている。逮捕する』と伝えた。すると、『警察が何しに来た!』と言わんばかりに40人くらいの若い衆が出てきて取り囲まれてしまった」

 そこで登場したのが、組長の妻だったという。

警察幹部も感心した“姐さん”がいたという(写真はイメージ)©iStock.com

「若い衆がひしめき合い事務所内が騒動になると、奥から組長の妻と思われる女性が出てきた。そこで子分たちに向かって、『お前たち! 警察の方々はこんなに少人数で来ているのに、大人数で騒いで、恥ずかしくないのか!』と事務所内に響き渡る声で一喝した。叱りつけられると若い衆はたちまち大人しくなり、冷静な話ができるようになった。

 組長の妻は怒鳴り声を上げた訳ではないし、大声を出したということでもなかった。しかし、声に張りとツヤがあって、事務所内に響く良く通る声だった。声に迫力があっただけでなく、かなりの美人だったことも記憶に残っている」(同前)

捜査幹部が感心した「姐さんの貫禄」

 組長が逮捕された事件が起きたのは、1990年代のバブルが崩壊したころ。組長は組員らとともに不動産業者に対して、「カネを払え」などと脅迫していたとの情報を警察当局が入手し、内偵捜査を進めていた。

警視庁 ©文藝春秋

 バブル景気のころは地価や株価が右肩上がりで上昇しマネーゲームが繰り返され、多くの人々が潤ったが、バブルが崩壊すると各方面で資金がショート。カネをめぐりトラブルが絶えなかった。カネを払えと脅迫されるだけでなく、不動産業者が暴力団組員らに目隠しされて連れ去られるなどの荒っぽい事件も多かった。

 こうした事件には、一部の不動産業者が地価を吊り上げる、「地上げ」という活動で暴力団を利用していたことが背景にあった。

 暴力団幹部らは、「バブルのころは、この地上げで1000万円、あちらで2000万円など、1カ月のシノギ(資金源)が数千万円ということもあった」などと証言。「経済ヤクザ」と称される暴力団幹部もこの当時は多かった。

 この組長も不動産取引をめぐる容疑が固まったため逮捕状を取り、冒頭のようなやり取りとなったが、捜査幹部が感心したのは「姐さんの貫禄」だった。

「さすがに多くの子分を抱える大組織の親分の奥さんだった。たいしたものだと妙に感心してしまった。この一喝によって、組長は姐さんの手前だけでなく、子分たちの手前もあり、逃げることはないなと思った。実際、その通りで、組長は素直に出てきて、逮捕に応じた」

関連記事