昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上さん、「死海文書」には何が書かれているんですか?

池上さんに聞いてみた。

2021/04/02

Q 「死海文書」には何が書かれているの?

 先日、世界最古の旧約聖書の写本とされる「死海文書」の断片がおよそ60年ぶりに発見されたというニュースをみました。「写本」ということはすでに「何が書かれているのか」は分かっているようにも思うのですが、テレビを見ていると「新たな情報がわかる可能性がある」と報じられています。いったい、「死海文書」には何が書かれているのでしょうか?(30代・男性・会社員)

死海文書(写真はイメージ) ©iStock.com

A これまでの歴史がひっくり返るような、アッと驚く内容が……?

 たしかに「新たな情報がわかる可能性がある」と聞くと、興味を惹かれますよね。現在のユダヤ教の『聖書』(キリスト教の『旧約聖書』)を構成する文書の断片が見つかっているのですが、写本ですから、長い年代の間に少しずつ内容が変遷しています。現在の『聖書』の内容が確立したのは紀元前100年頃と推定されていますが、それより前の文書なので、現在の形に落ち着くまでに、いろいろなバリエーションがあったことを教えてくれるのです。

 とはいえ、これまでの歴史がひっくり返るような、アッと驚く内容が書かれているわけではありません。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー