昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「栃木の人は東京のテレビに出てると喜んでくれるんで」 U字工事が20年間漫才を続ける“予想外の理由”とは?

U字工事インタビュー#2

2021/04/14

 生き馬の目を抜くような芸能界で、栃木ネタ一本で戦い続けてきたU字工事。自分たちのことを「50ccの原付なんで」と謙遜するが、08年のブレイクから13年間にわたり活躍し続けている。その秘訣を2人に聞くと「変に無理はしないこと」という。確かに2人の漫才には、「この2人ならきっとまた、おもしろい漫才が見られるな」という安心感がある。

 では、いかにしてこのようなポジションにたどり着くことができたのか。2人のコンビ結成から現在に至るまでの軌跡を聞いた。(全2回の2回め/#1を読む)

 

◆◆◆

「益子は人が好いんだよな」「福田はひどいんですよ」

――お2人は高校の同級生でコンビを組まれたんですよね?

福田 そうですね。部活の先輩に「暇だから漫才やれ」って言われて、みんなに声かけたんですけど、全員断られて。最後に残っていたのが益子だったんですよ。それで「卓郎くん、やってよ」って言ったら、「いいよー」つって。そっからなんです。

――益子さんはお笑い好きだったんですか?

益子 お笑いっていうよりかは、演歌とかの方が好きだったんですけどね。ただ、俺は栃木のなかでもすげえ田舎から出てきてたんですよ。高校は大田原って国道沿いのとこにあって、もちろん田舎は田舎なんですけど、俺からしたら街だったんですよね。だから、入学して1年くらいは緊張してて、何言われても「うん、いいよ」しか言えなくて。

福田 益子は人が好いんだよな。

益子 福田はひどいんですよ。当時、クラスでちょっとしたゲームが流行ってたんですけど、「やっぺ、やっぺ」ってはじめて、俺が勝つと、「もう一回!もう一回!」って。こいつが勝つまでやるんですよ。で、今度は俺が負けて「もう一回」つったら、「やんねぇよ」ってスッとシャッター閉めるんです。肩つかまえて、何度お願いしても絶対に折れないんですよ。「街の人間はおっかねえな…」と思ってましたよ(笑)。

 

「誰でも受かるはず」のテストに落ちた益子

福田 益子は田舎から出てきた頭の悪い子って印象でしたから (笑)。本当に誰でも受かる北関東簿記3級っていうテストがあったんですけど、それに益子だけ落ちてましたからね。先生もびっくりして「何やってんだおめぇ」って。

益子 俺、3年間で一度も学校休んでないんですよ。でも、一度だけ早退したことがあって。それがその簿記に落ちた日だったんですよ。「俺がバカだと思ってたワタナベくんも受かってんのに、なんで俺だけ落ちたんだ…」って考えだしたら、体調悪くなっちゃって。

――そんなにショックが大きかったんですね…。でも、無事に高校卒業されて桜美林大学に2人そろって進学されたわけですから、その後がんばって勉強されたということですよね。

益子 自分なりに頑張ったと思ってます(笑)。