昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 著者は語る

「場所や素性を明かしたら殺す、と言われ…」アマゾンの奥地に存在する“闇の金鉱山”に迫った

著者は語る 『ガリンペイロ』(国分拓 著)

『ガリンペイロ』(国分拓 著)新潮社

 ブラジル・アマゾン川流域の奥地にある、名前を口にしてはいけない場所。そこには、《黄金の悪魔(ジャブ・デ・オーロ)》と呼ばれる男が所有する闇の金鉱山と、一発逆転を狙う荒くれ者たちがいた――。本書は2016年に『NHKスぺシャル』で放送された「大アマゾン」シリーズの第二集「ガリンペイロ 黄金を求める男たち」を書籍化したノンフィクションだ。

「最初にガリンペイロ=金掘り男の存在を知ったのは、1999年に環境問題の取材で、ブラジルに行ったときです。ある川の奥深くに、川底を攫(さら)って金を取っている男たちがいる、と耳にしました。実際に向かうと、おびただしい量の船と、船上で暮らす人々がいた。奥地なので他になにもなく、船上に雑貨屋や娼館までありました」

 いつか取材したい、との思いを持った国分さんは、2014年、「大アマゾン」の取材で同じ場所に向かった。しかし、到着した時にはすべてが摘発され、もぬけの殻になっていたという。

「そこで、他のガリンペイロたちが集う金鉱山を新たに探すことになりました。発見できたのは、実はたまたま。ある町から船で上流に上がっていくと、急に大きな金鉱山の中継地が現れた。中継地の男と仲良くなって、翌年、その金鉱山の主である《黄金の悪魔》に取材させてくれるよう、取次ぎを頼みました」

 地図にはない、いくつもの滝を越えた先に、「黄金の地」は現れる。ピストルを持って現れた《黄金の悪魔》の取材にも成功した。

「その場所や彼の素性を明かしたら殺す、と言われました。最終的には3回取材に赴き、彼が所有する金鉱山5つすべてを買わないか、と持ち掛けられるまでになったんですが……。そもそも彼自身違法に占拠しているので、そんな権利は実際には存在しないんですけどね」