昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《素朴な疑問》チェーンなし“電動自転車”が日本上陸!…でもどうやって進むの?聞いてみた

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, テクノロジー, , 娯楽

チェーンなし“電動自転車”が日本上陸で大人気…カッコいいデザインだけどどうやって進む?仕組みを聞いた

 

自転車はペダルを漕いだ動力でタイヤを回し、前に進む。そこになくてはならないのが、橋渡し役となる「チェーン」だった。しかし、そんな常識を覆してしまう「チェーンレス自転車」が日本に上陸しているのをご存じだろうか。

それが「Honbike」(ホンバイク)という、電動アシスト自転車。ハイテク製品の提案事業などを展開する企業「Click Holdings」(東京・渋谷)が、中国の自転車メーカー「HONGJI」(洪記両輪)の協力を得て、国内展開するものだ。

国内展開されるHonbike

一般的な自転車との大きな違いは、駆動システムに“シャフトドライブ”という方式を採用していることで、これによってチェーンレスでの走行を実現しているという。

このほか、5段階パワーの電動アシストに加え、(上り坂・下り坂の自動検知などをする)AIによる乗車アシスト機能、防水対応(IP65)の液晶ディスプレイなど、ハイテク技術も多数搭載している。車体は重量が20kgで、サイズは長さ約155cm×幅約60cm×高さ約105cm。さらに折り畳めるなど、使い勝手の良さもポイントだ。

チェーンレスでの走行を実現している

クラファンで人気…2900万円以上を集める

ホンバイクは2021年2月から、Click HoldingsのECサイト「CH-market」で予約販売をしていたが、4月12日にクラウドファンディングサイト「Makuake」で限定カラーの発売プロジェクトを始めたことがきっかけで、一気に注目を集めた。

Makuakeのプロジェクトページ(4月19日時点)

Click Holdingsによると、発売プロジェクトの目標金額110万円は2時間で達成。4月19日現在、支援総額は2900万円以上にのぼり、すでに250台以上の予約が入っているという。

期待も大きいようだが、気になるのはチェーンレスの仕組み。そして運転するときにメリットはあるのだろうか。Click Holdingsの代表取締役社長・半沢龍之介さんに製品の特徴を聞いた。

「極限まで無駄をそぎ落した」自転車