昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集女芸人の今

2021/06/06

知らないことだらけで、よく残ったなと

——モリ夫さんはMCができる中島さんを「ずっとすごいと思ってた」とおっしゃってました。 

中島 芸人とMCの葛藤というか……たとえばダウンタウンのお2人だったりさんまさんだったり、ネタと話芸がセットになってる方というのは、その芸をどんどん司会に生かしていかれる。でも私には特に芸がないから、ゲストの方の振りを絶対に間違えないようにとか、MCとしてはそういう仕事に徹底しました。 

——でもそれも簡単なことではない。 

中島 そういうのがいいと言ってるんじゃないんですよ。ただ本当に知らなかった。昔『ウルトラクイズ』の番宣で『スーパーJOCKEY』の熱湯風呂に入ったんですけど、ハイヒールで……。「押すなよ、押すなよ」とか、初めに入って空気をかき乱すとか、全く知らなくて。

 よくそれで残ったなと思うんですけど……まあ、事務所の力が多大にあったからだと思います。あと、それ以上に女が本当にいなかったんですよね。やっぱり山田邦子さんってすごい。 

——中島さんから見た山田邦子さんのすごさってどういうところですか? 

中島 自分の番組で、邦子さん、前説もされてたんです。前説って普通は若い芸人の子が来て収録前のお客さんをあっためるじゃないですか。そこ邦子さん自ら「こんにちは!」「はいはい、ありがとうございます」ってやるんです。全然勿体ぶらないで、そこ自分で盛り上げるんだ……と。やっぱり女だてらにMCってかっこいいなと思ってました。

 会場をベタベタに笑わせて、その間に客はおばちゃんが多いのか若い子なのかって判断されて。「どこから来たの?」「誰見にきたの?」「私でしょ? 分かってるよ。はい、行きましょう」「3、2、1」でワーッと始まる。「誰ができるの? これ」って思ってました。 

 

——なるほど。 

中島 女のMCは邦子さんか上沼恵美子さん、あと久本雅美さんですね。

 私、独立問題でいろいろあって、仕事を休んだ途端に「せっかく司会で頑張ってたのに。このまま行けば第2の上沼恵美子って言われてたのに」とかけったいなこと言われ出して。滅相もない、やめてくれ、と思いましたよ。普通に仕事をしていた時は言われたことないようなことを言われ始めて、本当にキツかったです。 

——上沼さんや、久本さんのすごいところは? 

中島 上沼さんは「すいません、上沼さん、あと15秒です」ってなった時に、15秒できっちり落とす。生放送ですよ。これ、どうしたらいいの?っていう地獄のような状況もきっちり落とす。もう見てるだけで修業でした。 

 久本さんは『恋するハニカミ!』でずっとご一緒してたんですが、久本さんの、機関銃みたいにおもしろいところを全部詰めてく感じは、真似しようと思ってもできないです。女の芸人はあそこまで飛ばして、振り切らないとおもしろくないんだなと学びました。  

——かなり鍛えられそうですよね。  

中島 そうそう。あと、すごく平等な方で、大御所の方がゲストにいらっしゃっても上げすぎないし、イケメンだからって特別扱いもしないし、自分のことも落とすし。

 後輩に「ああしたら、こうしたら」とおっしゃるタイプではないんですけど、本番で張り切りすぎて失敗するとさっと助けてくださって…… 気の配り方がすごく繊細で、「自分には絶対できない」と思ってました。