昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ゲームは1日1時間まで」「ゲームは目が悪くなる」に根拠はない? 専門家が語る“ゲーム”と“健康”の決定的な誤解

『eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか トッププロゲーマーの「賢くなる力」』より#2

2021/06/02

必要なのは科学的根拠

 別の論点もある。「60分」の根拠は何なのか、というものだ。

 香川県高松市に住む高校3年生男子が、「1日に数時間オンラインゲームを楽しんでいるが、それが原因で不登校になったことはない。自分以上のゲーマーには勉強が得意な人だっている」と主張。県を相手取り同条例の違憲訴訟を高松地裁に起こす予定だ。

 ここまで述べてきたように、ゲームによって人生が豊かになったと考えている私自身、この条例は「ゲーム=悪」という結論ありきでスタートしたものに思えてならない。一方で、選挙で選ばれた県議会議員たちが条例案を可決したという事実を重く受け止めなくてはならない。

 必要なのは、科学的根拠に基づいた冷静な議論だと思う。「ゲームのどのようなところに、ハマりすぎる危険があるのか」「ゲームとどう付き合えば、楽しく健康的にプレイできるのか」─そうした問いに、最新の医学はどこまで答えられるのか。当然、かつては“常識”だったことが、のちの研究や検証で“間違い”だと判明していることもある。

 この章では、「ゲームが人体に与える影響」について、さまざまな疑問を専門家である医師に聞いていく。

なぜ「ゲームは1日1時間」なのか?

 香川県は、なぜ「60分=1時間」以上はダメと決めたのか。

 その根拠とするのは、香川県教委などが県内の小中学生を対象に勉強時間と学力の関係を調べた「アンケート」であり、1時間以上プレイすると子供の脳のはたらきが低下するといったことを明らかにする医学的な根拠は示されていない。ちなみに、前述のように高橋名人が「ゲームは1日1時間」を世に広めたわけだが、そのことについて彼はブログ内で「その時に閃いた言い回しで、全く根拠はありません」としている。

 どこから「60分」という数字が生まれたのか─香川県に問い合わせると、

「複数の調査を参考に、家庭でのルールづくりの目安として規定した」(香川県議会事務局政務調査課)

 との回答。明確な線引きの根拠があるわけではないらしい。

 では、専門家はこの条例の内容をどうみるのか。脳の機能に詳しい神奈川歯科大学附属病院高齢者総合内科の眞鍋雄太教授に聞いた。

z