昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/03

“パチンコ売春”という原体験

――パチンコ売春ってなんですか?

「25年前くらいかな。20代後半のときからパチンコにハマった。地元は神奈川県で女子高校卒業して派遣していたの。工場の仕分けみたいな。昔から運動も勉強もできないし、趣味もなにもないみたいな人生で、パチンコだけはハマったの。『海物語』って知ってます? あれにハマった。工場で働いている以外の時間は、全部パチンコ屋にいるようになった。で、月給が1日でなくなった日があった。魚群が何度出ても外れた。泣きながら店内を歩いていたら、おじさんから声かけられた。ホテルに行ってセックスしたら1万5000円もらった。なにこれ、えーすごいって」

写真はイメージ ©️iStock.com

――それがパチンコ売春のはじまりなんですね。

「そのとき、そのおっさん、テクあってうまくて、気持ちよくなってお金もらってマジですごいって。それからパチンコ売春です。勝てばいいけど、負けたときは景品交換所とかウロウロして、声かけられるのを待つの。負けたらその場で売春したから、朝から晩までパチンコになっちゃった。それで母親からあきれられて絶縁されたんだけど」

――どうしてパチンコやりすぎで絶縁になるの?

「28 歳でパチンコはじめて、朝から晩までだったからじゃないですか。母親に何度もいい加減にしなさいって怒られて、最後は母親が『お前なんか産まなきゃよかった』とまで言いだした。その言葉を聞いて家出を決意した。勢いで家を出てそのまま電車に乗って池袋に来たの。それが20年前。家出した何日後かに立ちんぼになったのね」

――立ちんぼって、そんなすぐになれるんですか。

「パチンコ売春でエッチでお金が稼げることは知っていた。だから、もう勝手にやった。最初、私は片手の5000円でやってたの。そしたら他の立ちんぼに怒られて、『そんな低い値段で遊ばせないで! こっちの単価が下がるでしょ!』って。うちらのルールがあるんだからって。みなさんはいくらでやっていらっしゃいますか?って聞いたら、1万~1万5000円って。値段を上げたときに客は減ったけど、あれから、なんだかんだで20年も経っちゃったよ」