昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「なぜ気づけなかったのか」という思いが頭を離れず…声優・あさのますみが語る、「20年来の友人の自死」のつらさ

あさのますみさんインタビュー ♯1

2021/06/30

 声優のあさのますみさんは、青春を共に過ごした大切な友人の死という「喪失」の経験を、著書『逝ってしまった君へ』(小学館)として上梓した。後悔や自責の念などといった感情に苛まれながらも、この経験を通じて「ひとつ、とても大きなものを得た」と同書であさのさんは記している。

 つらい出来事をどのようにして受け止められるようになったのか、あさのさんに聞いた。(前後編の前編/後編を読む)

あさのますみさん

◆◆◆

20年以上仲良くしていた友人が、自死を選んだ

――2019年1月に、大学時代からの友人を亡くしたあさのさん。新刊『逝ってしまった君へ』は「君」に語りかける随筆集です。「君」とはどんな関係だったのでしょうか?

あさのますみ(以下、あさの)彼は長年の友人です。大学は違いましたが、共通の友人のバンド仲間で、18歳の時に知り合いました。知り合ってすぐに1年間付き合って、別れたのですが、その後も「お兄さん」のような気持ちで、仲良くしていました。

――知り合ってから20年以上経って、彼は自死を選んだと。話を聞いた時の最初の気持ちを伺ってもいいでしょうか。

あさの 訃報が届いたのは、2019年1月13日でした。私はタクシーに乗って、自宅に帰るところでした。彼と知り合うきっかけをくれた友人から「あいつ、死んじゃったって」というLINEが来たんです。あまりにも予想外すぎて、びっくりすることすらできなかったですね。「えっ、何、えっ」という感じで。頭が真っ白になりました。

 彼とは2人で食事に行くこともありましたし、LINEもしていましたが、自分で死を選ぶようなことがあると全く思っていませんでした。死の1ヶ月前に彼は鬱だと診断されていたそうなのですが、そのことも知らず……。

 別に、友人から嘘をつかれていると思ったわけじゃないんですが、しばらくはふわふわして感じられて。時間が経ってから、じわじわと現実が自分の中に浸透してきました。

 

――本当なんだ、と思えたのはいつでしたか。

あさの 彼が残していた遺書を読ませてもらった時ですね。彼、何人かの友達に個別のメッセージを書いていて。その中に私のものもあったんです。訃報を聞いた次の日に、第一発見者の友人が時間を作ってくれて、内容を見せてくれました。

 まだ彼が発見されて間もないタイミングだったので、遺書本体は警察が保管していて、私が見せられたのは、友人が遺書を撮影した写真でした。手書きで、5行ほどのメッセージが書いてありました。「俺の心の中で、ますみはずっと大きな存在だよ」という言葉を読んで、彼がそんなふうに思ってくれていたことを初めて知って……。

 遺書を読んで、友人から発見時の状況を聞いて、「あ、本当に死んじゃったんだな」と実感がわきました。